「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

タブリンの窓

carnotabur.exblog.jp

タブリンの木製恐竜骨格模型 制作記録 & 戯れ言 http://taburin.jimdo.com/ taburinあっとkfx.biglobe.ne.jp

妻のこと。
先週2月18日、手術のために入院。翌、19日午後手術。

経過は良好、ではあるが、
今日、退勤を30分早めて、病院に。
渋滞もなく、1時間少しで京都の病院に着く。

高額医療保険の認定証を受付事務に提出。

先週水曜日の手術から5日。
今日、経過が医師から告げられた。
結果、退院は3日遅れの今週土曜日に延びた。

でも、大丈夫さ。
何もかも大丈夫さ。
[PR]
# by carnotaurin | 2014-02-24 21:06 | My Life
 寒い毎日でしたが、今日はあたたかめ。
 先週の雪の日、少し山の方にラッキーを連れて行きました。
 寒さなどなんのその、大喜びでした。
e0064457_19261511.jpg
e0064457_19264572.jpg
e0064457_19265886.jpg

[PR]
# by carnotaurin | 2014-01-25 19:27 | My Life
A Bobcat(Felis rufus) skull.
e0064457_1923540.jpg

[PR]
# by carnotaurin | 2014-01-25 19:23 | いきもの
 福井県立恐竜博物館に行ってきました。
 とは言っても、遊びに行ったわけではありません。
 目的は、展示していただいている私の作品の展示修正。

 今朝は、3時過ぎに起床。仕事の日は眠くてしょうがないのですが、
こういう時は、もうバリバリですね。
 天気は良好。上弦の月が見えます。
 4時に出発。
 国道を経て大山崎ICから京滋バイパス、名神を走る。
 車も多くなく、スピード制限を守って走る。
 彦根を過ぎ、やがて北陸道に。
 この頃から月は見えなくなり、曇ってきました。
 缶コーヒーを飲んだのでトイレに止まること2回。滋賀県内でも気温は2°C。

 やがて、賤ヶ岳(柴田勝家と羽柴秀吉が対決 1583年)を越える頃には、
雨、否、みぞれ?道路コンディションは悪化。
トラックの飛ばす水しぶきを追い越す時がいやですな。
路肩に積もったわずかな雪も見えました。
 福井県内に入ると、まだ暗い中、山々の頂が雪を頂いているのが見えました。

 福井北インターを出て、九頭竜川沿いに東へ。
 この頃には明るくなり、遠く白山に連なる山々が真っ白いのが見えました。
 永平寺を過ぎ、さらに東へ。
e0064457_18434950.jpg
 
 以前ここに来たのは、数年前のNHKのロケだったかな。あの天才少年はどうしているでしょう。

 スタッドレスタイヤに換えていないのを心配しながら、勝山市内へ。
周囲はかなり白い世界。
 丘の上の博物館に着いたのは、7時半。
 まだ駐車場には一台の車も見えない。
 雲間からさす朝日が、周囲の山々を綺麗に見せてくれました。
e0064457_18441674.jpg

 業者の人に電話。
 急でしたが、早めに来て下さり、開館前の作業に入ることができました。

 なんてったって、あの展示が1ヶ月も続いていたのかと思うと、
かわいそうで、情けなかったです。
 組み立ての時に私がオーストラリアに出張だったものですから、
すべてをお任したので、業者さんにも申し訳なかったのですが、
これではまずいです。
e0064457_18444359.jpg

となりには、荒木さんや田村さんの展示。
e0064457_1845169.jpg

e0064457_1845375.jpg

 でかいウィンドウを開けるのに時間が掛かり、
中には入れたのは、開館15分前。
 せっせと全ての姿勢を修正し、
反対に取り付けられたティラノのしっぽを付け直し、
「あと、7分です。」の声に焦り、十分に納得はいきませんでしたが、
とりあえず業務終了。
e0064457_18464151.jpg

e0064457_18471595.jpg

その後、ざっと常設展示を走り見て、
e0064457_18474512.jpg

純化石9割以上のカマラサウルスを見て、
e0064457_1848887.jpg

さっさと帰途に。
e0064457_18482861.jpg

渋滞もなく、1時過ぎには戻ることができました。

 福井での展示は1月下旬まで。
 元気に帰ってきてくれることを祈っております。
 
[PR]
# by carnotaurin | 2013-11-30 18:48
雨も降ってて、出発は1時間遅れましたが、
無事に伊賀に着き、予定時間内に展示を完了。
用意いただいたテーブルに足跡の制作デスクを設けました。
昼1時半からの会場でしたが、お子さん連れや関心を持っていただいた
方々が早々においでくださり、口上のあと、少し掘っている様子を
ご覧いただきました。
マイアケタスの腹肋、タルボサウルスの頭骨分解、
象牙での歯の制作などを、解説しながら見ていただきました。
さすがこの時間にわざわざおいでくださった方々、単なる物見遊山ではなく、
大変興味をもって見てくださいました。

この展示に参加させていただいて5年。
伊賀盆地で採れた化石を展示する場でしたが、
三重県名張市在住の研究家:谷本先生のお声がけで、
私の恐竜骨格模型も参加させていただいたのです。
残念ながら、発表の場である上野民俗資料館の管轄が市教委に移るため、
来年度以降の実施については目処が立っていませんが、
今後共、在野の研究家のみなさんのためにも、継続させていただきたいものです。

e0064457_19223095.jpg


e0064457_19225696.jpg
e0064457_19231074.jpg

テーブルに置いた頭骨は、さわり放題!!
e0064457_19233446.jpg


実演中のタブリン。
e0064457_1924044.jpg

写真はすべて谷本先生撮影。
[PR]
# by carnotaurin | 2013-09-08 19:23 | 恐竜
 またまた暑い一日。
 今日、帰省する予定でしたが、次男坊の野暮用のために
あすに延期。
 そこで、ラッキーを連れ出す。
 普通に外を歩けば暑い!
 気温が35度あれば、直射の路面は40~50度にもなろう。
 海辺も焼ける砂浜などには行けない。
 そしたら、川辺しかあるまい。

 今回は、国道171号線を京都方面に北上。
 知人の実家がある右京区梅ケ畑から高雄に抜ける。

 しばらく行くと、「滝叉の滝」の看板。

 少し入ったところに車を置いて、歩く。
 山中はわずかに涼しい風も吹く。
 まだ今日は人が歩いた気配は無し。
 せせらぎに沿って歩くこと20分ほどで、滝壺に着く。
e0064457_11365485.jpg


 織田信長の甥っ子が出家して修行したところらしい。

 水量はここのところの少雨で大して多くはないが、
 20mを流れ落ちる滝の送る涼風が、汗をかいた体にひと時の涼しさを施してくれる。

 流れに手をつけると、確かに冷たい。
 家の水道は、ここのところ生ぬるささえ感じられるのに。

 小魚やイモリが見える。
e0064457_1137536.jpg


 標高450m。

 その後、南丹を回り、亀岡、東別院を経て帰宅。

 それにしても下界は暑い。
 少し雷が鳴ったが、雨をもたらすことはなかった。
 
[PR]
# by carnotaurin | 2013-08-10 20:35 | My Life
久々の記事です。
只今、福島市の施設こむこむに作品を出させていただいております。
荒木さんの作品に添えての展示です。
5つは肉付きと骨が並べられています。
e0064457_19274155.jpg
e0064457_19262892.jpg
e0064457_19261027.jpg
e0064457_19254261.jpg
e0064457_19252198.jpg
e0064457_1925111.jpg
e0064457_1924964.jpg

わざわざ、横浜、鎌倉からオバキンさん、KYOさんが福島までおいでくださいました。
なかなか関東に縁がなく、申し訳ないです。
今回、機会を下さったこむこむの尾形様、矢吹様、そしてすべての企画を導かれた
(株)アド・プロダクションの清野様、ご面倒をおかけしました。ありがとうございました。
[PR]
# by carnotaurin | 2013-08-05 19:31 | 恐竜
It was very warm yesterday though, it was a little bit cold today.
e0064457_23285178.jpg
e0064457_23291718.jpg
e0064457_23291941.jpg

[PR]
# by carnotaurin | 2013-03-25 23:29 | いきもの
■信号いらず丸い交差点、日本に定着するか?
(読売新聞 - 02月23日 16:49)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=20&from=diary&id=2334876

 もともと馬車を利用していた時代に導入されたと聞いたこともあるが、なかなか興味深いものではあります。
 私自身はニュージーランド、イギリス、アイルランドほかで経験しましたが、最初は戸惑いました。左側通行の国では、とにかく右から来る車優先という意識さえ持っていればいいのですが、渋滞時には進入も進出もなかなか容易ではないことがあった記憶があります。
 残念なことに、植民地政策がもたらした東南アジアの大都市では渋滞時には悲惨なん状況でした。右側から途切れることなく来るために、左の車も我先にと入ってしまい、回転が止まるのです。2車線でもあっという間に4~5車線になる。
 もっとも、メキシコなんかでは、信号のない交差点では、必ず1台ごとに道を譲り合うという習慣があり、混雑した覚えがありません。
 日本では、2車線が工事などで1車線になったりするような場合、1台ずつ交互に譲り合うという習慣がなく、気のいい運転手がいない限りなかなか焦るのです。
 ラウンドアバウトが1車線だけならなんとか機能するでしょうが、2車線、3車線と同心円が増えれば、視野の狭い人には苦しいでしょうね。場所も広く取ることになるし。
 私の結論として、日本での普及はごく一部に限られることになり、全面的な普及は無理だと思います。
[PR]
# by carnotaurin | 2013-02-24 07:34 | My Life

 今朝は大阪でも冷え込みました。
 でも、風も吹かないで、比較的落ち着いた天気になりました。

 Maiacetusの歯が気になりましたが、ここのところラッキーを連れての外出ができていなかったので、思い立って京都嵐山に。

 車で1時間もかからず到着。
 冬なのに、結構人もいたようです。
 渡月橋の南岸から北岸に、そして少し上流まで川沿いに。
 人力車のお兄さんが多いなぁ。
e0064457_2138879.jpg
e0064457_21381753.jpg
e0064457_21382756.jpg

 人混みの中ではあまり落ち着かないラッキーでしたが、
喜んでくれたようです。

 帰りには国道9号線から亀岡を抜け、府道で山の中を高槻に戻りました。
[PR]
# by carnotaurin | 2013-02-17 21:38 | My Life