ブログトップ

タブリンの窓

carnotabur.exblog.jp

タブリンの木製恐竜骨格模型 制作記録 & 戯れ言 http://taburin.jimdo.com/ taburinあっとkfx.biglobe.ne.jp

Dunkleosteus

Dunk-
e0064457_16554479.jpg
leo-steus?
No,No,No.... It's Dunkle-osteus !

最初読んだときは、ダンク・レオ・ステウス かと思いましたが、
ダンクル・オステウス だそうで。
 ものの説明によると、「発見者David Dunkleさんの骨」

 こやつは恐竜ではなく、もっと古い時代(デボン紀後期3億7000万年前)の魚です。
 全長は6mほどと考えられていますが、硬い外骨格で被われていた胸から前の部分は残り、
後ろ半分は見つかっていないようです。だから、復元画では、サメのようにしているのもあれば、ナマズのようにしてあるのもあります。
 いずれにせよ、この口はデカい!
 歯のように見えるのはいわゆる歯ではなく、骨の板が歯の役割をしているようです。

 こやつも、よくわからないことが多いですな。

 まぁ、なんとか形にはしました。
e0064457_16555434.jpg

[PR]
by carnotaurin | 2009-04-12 16:57 | 恐竜