ブログトップ

タブリンの窓

carnotabur.exblog.jp

タブリンの木製恐竜骨格模型 制作記録 & 戯れ言 http://taburin.jimdo.com/ taburinあっとkfx.biglobe.ne.jp

豊橋市自然史博物館

 今制作中の貝塚産モササウルスの復元に少しでも役立つかな?と思い、急遽、(大阪から見て)蒲郡の向こうにある豊橋市の自然史博物館に行くことにしました。


 ここには、ご存じcorvoさんの描いたエドモントサウルスやトリケラトプスのいる壁画があります。

  これが結構遠いんですね。音羽蒲郡から国道1号線に入り、豊橋駅を過ぎて仁方(ふたかた)というところにある広大な緑地公園。
 この中に、動物園・水族館・遊園地・そして自然史博物館があるのです。
 道に迷ったおかげで、駐車したのが公園の西口。そこから入ってみたら、広い広い…
 薄曇りだったものの、やたらと蒸し暑い日で、博物館を「発見」するまでに大汗をかいてしまいました。
e0064457_2245791.jpg

 さて、入り口近辺にある奇妙な恐竜造形群は尻目に、中生代の展示場へ直行。
 corvoさんの壁画は壮大でした!大変な仕事であったと思います。
e0064457_22453283.jpg

 目指すプラテカルプスは小さいものが天井にぶら下がってました。
 一応、気になる部位をばしばしと数十枚、写真に撮りました。
e0064457_22454962.jpg
 
 ほかにも結構興味深い展示があったので、それらもばしばし。
 

 その後、予定外の蒲郡に。
 突然の来訪でしたが、何でこの科学館の人たちはいつも明るく楽しそうなんだろう!
(そういえば、豊橋の博物館には、一人も館員を見かけなかった…)

 あぁ、今日も大金を使ってしまった。
 残りの休みは、ひたすら彫るしかない。
 

 あ、明日は昔の同僚懇親会で出かけなくてはならなかった。

 
[PR]
by carnotaurin | 2009-08-21 22:45 | 恐竜