ブログトップ

タブリンの窓

carnotabur.exblog.jp

タブリンの木製恐竜骨格模型 制作記録 & 戯れ言 http://taburin.jimdo.com/ taburinあっとkfx.biglobe.ne.jp

長居 大阪市立自然史博物館

 「ながい」をどう発音するのか。
 関西では「ついつい長居をしてしまいました」の「ながい」のように平坦に発音するようで、電車のアナウンスもそういってました。私は、地名あるいは人名として発音する場合は「な」にアクセントを置いた言い方をしてしまいます。

 滅多に外出しない私が、娘らを伴って、高槻から17分で大阪駅。
 そこから地下鉄御堂筋線というのに乗り換えて、12個目くらいの駅が地下鉄の長居駅。思ったより近い感じでした。
 いい天気で、駅の階段を上って出ると、強い日差しがまぶしかった。アイスクリーム日和!!
 長居は、運動公園というか、国際大会も開かれる陸上競技場がある一大公園で、その一画に植物園さらにその中に自然史博物館があります。

 駅を出て娘らとてくてく歩くと、めいめいの格好をした人たちが、「体育の日」の行事などを楽しんでいました。
 私は、娘らに余計なものを見せないように歩みを早めて、公園内の催しもの広場から「20mシャトルラン」の音が聞こえてくるのに耳も貸さず、すたすたと自然史博物館へ。
これが思ったより距離がありました。しばらくは全くそれらしき建物も見えないくらいなのです。

 やっとゲートを見つけ、大人300円を自販で払ってチケットをゲット。小中学生までは無料。
 それでゲートを入ろうとしたら、きれいなお姉さんに「チケット拝見しま~す」って止められました。すかさず、微笑んで見せてあげました、トリケラトプスの絵の入ったチケット。「入館のときにも見せて下さい」 お~、二重のチェックとは、おそれ入谷の鬼子母神!
 またメタセコイアならぬ杉科の植物の並木道をしばらく歩くと、正面には広大なレンコンの畑が。

 いや、よく見ると蓮の池でした。その右手に目を移すと、やっと見えました、大阪市立自然史博物館。
 日本第2の都市大阪の誇る自然史博物館!
 
 入り口前のホールには、巨大なナガスクジラの骨格が!!

 ゲートでお姉さんに言われたように、再び入り口でチケットを見せる。ちょっと愛想のなさそうなお姉さんだった。
 自然史博物館なので、当然自然史に関わる諸々の展示があるが、本来ならこれらをパスして、目的物に直行!!なのだが、娘らもいるので若干の解説を施しながら早歩き。
 あっという間に標的のホール。
「???????」

 確かにそうだ。まぁ、いい。何でもありや。
 でも、「トラコドン」でもいいけど「アナトティタン」くらいにはしといてほしいと願うのです。
 それに、照明をあそこまで落とす必要は無いと思います。威厳を持たせるのにはいいのでしょうが、大阪市が予算を削っていないのなら、もう少し明るくして、見やすくした方がいいと思います。
さらに、……やめときます。

 結構、骨関係は多かったですね。人も多くなかったので、写真も無遠慮に撮らせて頂きました。
e0064457_21492830.jpg

e0064457_21494298.jpg

e0064457_21495672.jpg

この3枚目が何かわかったら、こりゃ脱帽です。

 帰りに、公園内の売店でソフトクリームを買って食べながら歩きました。
 昼飯は、初めて降りる「心斎橋」で。
 どこという目当ても情報も無しで行くのが常。
 娘らがうどんがいいというので、適当にそのへんの讃岐うどん屋で。
 (私は絶対に食べ物のために「行列」に並ぶようなことはしません。
 私はそれを食べなくても生きていけるからです。)

 その後はまっすぐ帰宅。
 
 ワニか…。ワニもいいなぁ。
 でも、長居にはいなかったけど、Archelonもいいなぁ。
 どうも頭が爬虫類に傾いているなぁ…
[PR]
by carnotaurin | 2009-10-12 22:00 | My Life