ブログトップ

タブリンの窓

carnotabur.exblog.jp

タブリンの木製恐竜骨格模型 制作記録 & 戯れ言 http://taburin.jimdo.com/ taburinあっとkfx.biglobe.ne.jp

息子の受験

 おかげさまで、なんとか動けるようになり、今日は試験にも出席することができました。

 夕べ発熱したのですが、今朝は下がった様子。
 天気も回復しましたが、少し肌寒い感じ。
 病院から、いったん帰宅して、久々の風呂を浴び、軽く食事をとってから、妻と私で車で大学まで送りました。
 新しい車にはカーナビゲーションシステムもあるのですが、昨夜私は一度行ってきて、時間を計算済み。
 今日は日曜日で道路事情も違いますが、早めに出て余裕で着きました。

 電話で大学にお願いしたとおり、席まで介助して行くことができましたが、周囲を気にして「自分で歩ける」という息子でした。
 それにしても、うじゃうじゃいるもんです。ほとんどが制服組ですが、あんなに受験生がいるんだと、何十年ぶりに高校生に囲まれて妙に焦りました。また、結構、付き添いの保護者ってのも多いんですね。受験生が入室した後のキャンパスや食堂には多くの親の姿がありました。

 さて、1時半から3時までの90分の試験。
 3時に部屋まで行こうとしたらどっと各室から高校生が出てきて、流れに逆らうのは大変でした。
 この流れで階段を下りるのはきついだろうと思いましたが、息子は反対側の空いている階段から降りました。そこで合流。
 息子は一通りを40分ほどで終わったと言ってました。
 リスニングもOKとのこと。
 問題用紙をチェックしたところ、それでも3つほど間違えていました。単語力は日頃の学習経験がものをいいますからね。日常生活の単語量なんて限られていますから、意識して読書したり新聞を読んだりしないと、語彙不足になるのは日本語も同じ。

 まぁ、ここ二週間ほどは学習ゼロですから。テストを受けることが出来ただけでもいいでしょう。
 結果はいかにあれ、ここまで回復できてよかった。

 今日はまた病院に戻ります。
 でも、あと数日で退院できるでしょう。

 皆様、本当に励ましのお言葉の数々、ありがとうございました。
 本当に本当に、ありがとうございました。
 
[PR]
by carnotaurin | 2009-11-15 17:03 | My Life