ブログトップ

タブリンの窓

carnotabur.exblog.jp

タブリンの木製恐竜骨格模型 制作記録 & 戯れ言 http://taburin.jimdo.com/ taburinあっとkfx.biglobe.ne.jp

久々に彫る

 土曜日に仕事があったので、昨日の月曜日は代休でした。
 掃除や洗い物もこなし、寒い中、久々に木くずにまみれました。

 一枚目は、職場近くにあるカリン。青い空と黄色い果実のコントラストが綺麗でした。
e0064457_5293315.jpg


 二枚目は、トリケラトプスの背骨。一部、前突起の角度をミスしたので作り替えていますが、今度は横幅もミスしたので再三訂正です(下のブロックからやり直し)
e0064457_5295080.jpg

 三枚目は、カメの甲羅。Archelon。今までの恐竜には無い造形ですね。何しろ、背骨と肋骨で甲羅が形成されていますから、自ずと手順も異なります。
 右側のひっくり返っているのは、ここまで彫った段階であきらめたものです。
 原因は素材。いつもと違う木を使ってみたのですが、やはり、粘りがない。
 何の木でしょう?     …はい、見ただけではわかりませんが、これは胃腸、じゃなくて銀杏=イチョウです。
 それで左側にあるのが従来の通りのトチノキで彫り直し始めた塊です。
 裏側をくり抜くのが今回の最難関。
e0064457_530993.jpg

 Archelonは巨大なウミカメですが、今回のスケールはやや小振りにしてあります。
[PR]
by carnotaurin | 2009-11-17 05:30 | 恐竜