ブログトップ

タブリンの窓

carnotabur.exblog.jp

タブリンの木製恐竜骨格模型 制作記録 & 戯れ言 http://taburin.jimdo.com/ taburinあっとkfx.biglobe.ne.jp

モササウルスの旅 伊賀上野から琵琶湖へ

 カーナビという文明の利器に、たまには随ってみようと、自宅から伊賀上野までの道を距離優先でナビゲートさせたら、渋滞があちこちあって、えらい時間がかかってしまいました。

 伊賀上野の博物館関係者の皆様、谷本先生、長期にわたり、大変お世話になりました。
 モサ君は元気でした。
 その足で今度は滋賀県立琵琶湖博物館へ。
e0064457_1846462.jpg


 今度も距離優先でナビゲート。伊賀から山の狭い道を越えて、信楽へ。そこから草津を経て琵琶湖へ向かいました。
 今日は閉館日。開いてたら、お客さんのいる中をむき出しで運ぶのは大変だったと思います。
(博物館は冬休みに入り、年内は休館。新年は3日から開館です)

 すでに徳川さんは展示済み。北海道産出の古生物をたくさん模型復元しています。
 小田さんは、先日のアケボノゾウほか、豊橋自然史博物館壁画の原画などの大作を壁に掛ける作業で大変そうでした。
e0064457_18532145.jpg


 ほどなく谷本先生もおいでになったので、展示。
 会場入って右の全面が小田さんの絵画作品。
 左手手前が谷本先生のモササウルス関係。左手奥が徳川さんの復元模型。

 今回はきちんとテグスをつけて頂いてつるしました。
e0064457_1850272.jpg

e0064457_18501731.jpg

↑でかい骨格復元画の二つは谷本先生の絵で、向かって左下にうっすらと見える骨格が3D再現の私の作品です。胸骨と腹肋骨の復元は谷本先生や研究者との最新の検討に基づくものです。

1月3日から31日までの特別企画展です。
[PR]
by carnotaurin | 2009-12-26 18:53 | 恐竜