ブログトップ

タブリンの窓

carnotabur.exblog.jp

タブリンの木製恐竜骨格模型 制作記録 & 戯れ言 http://taburin.jimdo.com/ taburinあっとkfx.biglobe.ne.jp

「恐竜と伊賀の化石2010」 伊賀市 上野歴史民俗資料館 特別企画展

 昨日11日土曜日、三重県伊賀市の「上野歴史民俗資料館」で恒例の化石展に、拙作スミロドン全身骨格模型を展示させて頂きに参りました。お世話になっている谷本先生はじめ関係者皆様のご厚意で、今年も参加させて頂けました。
 谷本先生のご自宅には、数々の化石やレプリカが秘蔵されており、今回は、スミロドンに合わせて、マカイロドゥス、ホラアナライオン、アムールタイガーに加え、大型ハイエナのディノクロクタの頭骨レプリカもお持ちになり、ショーウインドウに並び、壮観でした。(その中で私の小さなスミロドンは、全身とはいえ、ちょっと迫力に欠けました!)
e0064457_18301286.jpg
e0064457_18302474.jpg
e0064457_18303342.jpg

 今回の企画展は、12月19日までです。

 申し訳ない話ですが、その他の展示の手伝いもまともにできないまま、たくさんの資料写真を撮らせて頂いただけで、私はいったん大阪に帰宅。
 その後、岡山県津山市の実家に戻り、先週に続き、稲刈りの手伝い第2弾。
 途中、籾摺り機械の部品が破損し、農機具展に走り、何とか中古部品を入手して、作業も再開。
 周囲の田は、まだ始まっていないところも多いのですが、今日日曜日午後、無事全作業を終えて、大阪に戻ってきました。親父の労働力には本当に脱帽です。親父のアシスタントの母親も、まだまだ頑張っていますが、最近、私たちが帰るときには涙するんです。
e0064457_18324254.jpg

 
[PR]
by carnotaurin | 2010-09-12 18:32 | 恐竜