ブログトップ

タブリンの窓

carnotabur.exblog.jp

タブリンの木製恐竜骨格模型 制作記録 & 戯れ言 http://taburin.jimdo.com/ taburinあっとkfx.biglobe.ne.jp

歯の入ったシャチ

 足寄動物化石博物館の学芸員である友だちから、たくさんのシャチ頭骨の画像を送って頂き、作業がはかどりました。
e0064457_21445440.jpg

e0064457_21301592.jpg
e0064457_21302372.jpg

  さて、鼻水を垂らしながらも、やっと歯を入れましたが、噛み合わせを失敗!
 クジラの歯をクジラに入れたわけですが、意外と細かい細工には向かず、
次回はやはり象牙かなと思います。
 耳骨の画像もいただきましたが、これはおあずけ。次回の研究とします。

 …やっぱり、作り直しだな、こりゃ。

 彫っていて、あとから気づくことも多いんですね。「ここはこうだったのか!」と。
 わからないところは彫らないのが彫り物の原則。彫ってしまったら付け足しはできません。
 特に、ひとかたまりの部分を彫りすぎてしまったら、それでお終いです。
 今回は、歯以外の部分で、三カ所もミスをしましたから。
 ①頭頂部
 ②鼻孔の角度
 ③顎関節窩
 そして何より、歯は、最後の最後に入れるべき。それも、上顎の歯を入れ終えてから下顎の歯槽を彫るべし。
  
[PR]
by carnotaurin | 2010-12-18 21:30 | 恐竜