ブログトップ

タブリンの窓

carnotabur.exblog.jp

タブリンの木製恐竜骨格模型 制作記録 & 戯れ言 http://taburin.jimdo.com/ taburinあっとkfx.biglobe.ne.jp

九州から帰還

 土曜日の夜、九州熊本から帰還しました。
 新大阪に夕方5時過ぎに戻り、解散式のあと職場に。
 ひと仕事片づけて、8時前には帰宅。
 翌、日曜日、朝から夜7時まで職場で仕事。
 そして今日は海の日で休み。彫るぜ。

 さてさて、簡単に報告。
 初めての熊本・天草でした。
 ずばり、いいところでしたよ。

 天気には恵まれ、青い空と海が広がり、その間には緑の島々。

 御所浦島では島の東部・水俣市が不知火の海をはさんで対岸に見える烏帽子という小さな漁村に滞在。島の東側は急斜面で、浜は石ころだらけですが、何とこれのほとんどに貝化石が見られます。 この写真の一番奥まで歩きましたが、一番奥は採石場で大きな地層が露出しており、恐竜化石も産出しています。浜ではこんな化石がぽろぽろ。
e0064457_5411882.jpg

e0064457_5385064.jpg
e0064457_539537.jpg
ハンマー持って一日中散策したいところです。
 
 島の玄関、西側の御所浦港には恐竜モニュメントがあります。
e0064457_5394219.jpg

e0064457_540572.jpg

歩いて1分のところには、御所浦白亜紀資料館。3階建ての小さな博物館ですが、資料は結構充実しています。
e0064457_5402840.jpg
e0064457_5403978.jpg


島に残ってずっと化石探しをしたいところでしたが、何しろ仕事。プライベートな時間はゼロ。

 3日目には天草本渡に移動。今度はホテルアレグリアとかに一泊。
 そこからは北側に海を挟んで島原半島、雲仙普賢岳が望めました。
e0064457_5414060.jpg

 最終日は島伝いにバスで移動し、熊本市内へ。
 熊本城の敷地の大きさに驚きました。私はプチ城ファンです。
 ここもゆっくりと散策したいところでした。特に、宮本武蔵の足跡を散策したかったのですが、プライベートではないので残念。

e0064457_542152.jpg

 とうことで、仕事ではなく、自分の目的を持って訪れたいところでした。

 さて、この土曜日から、佐賀県立宇宙科学館では恐竜展Ⅱが始まっています。
 目玉はスタンの全身骨格。「いや、スタンの全身骨格は知ってる!」って人も多いでしょうが、今回は特別なんですよ。恐竜くんことアルバータ大学で恐竜を学んできた田中真士さんが、BHIとの連携で、腹肋や叉骨もつけた全身を、今まさに飛びかかろうという姿勢で組み立てたものなので、ここで初公開なのです。私のちっぽけな作品も、その近くにいるはずです。
 今回の出張の帰りに、すぎにも立ち寄りたかったのですが、残念。
 今月末頃から再び九州入りです。

 台風が接近中ですが、今日は彫ります!
[PR]
by carnotaurin | 2011-07-18 05:42 | My Life