ブログトップ

タブリンの窓

carnotabur.exblog.jp

タブリンの木製恐竜骨格模型 制作記録 & 戯れ言 http://taburin.jimdo.com/ taburinあっとkfx.biglobe.ne.jp

カルノタウルスの腰

 台風の影響で雨もぱらぱら。風も吹いて、気温は30度に達しない心地よさ?でした。
 朝から6時間彫りました。腰、つまり腸骨・仙椎の塊の仕上げと恥骨・座骨の整形・接続です。

 画像は取りあえずつないで、その前後に胴椎と尾椎をそれぞれつないでみたところ。

e0064457_2305313.jpg
 …こうして見てみると、意外と尾は短く感じます。
 
 さて、画像にはfemur大腿骨とtibia脛骨のブロックが見えていますよね?
 尾が短いからってわけじゃないけど、やはりtibiaはもう少し短くした方がいいのでしょうか?という例の議論が持ち上がってきます。

 カルノタウルスの親戚にマジュンガサウルスというのがいるんですが、こやつの下肢は短いんです。だから、カルノタウルスの完全な姿で発見されていないtibiaは、実は一般に見られる復元より短いのではないか?との疑惑なんです。
 しかし、同じく親戚のAucasaurusアウカサウルスはちゃんとした?長い脚ですから、まぁこれでいいかと思ったりします。
 そうだな、長いtibiaと短めのtibiaの両方をつけかえて遊べるようにしてみようか!
(「あ~た、そんな暇ないでしょう!?もう展示会は始まってんですよ!!」)
[PR]
by carnotaurin | 2011-07-18 23:01 | 恐竜