ブログトップ

タブリンの窓

carnotabur.exblog.jp

タブリンの木製恐竜骨格模型 制作記録 & 戯れ言 http://taburin.jimdo.com/ taburinあっとkfx.biglobe.ne.jp

ラッキーと芥川山城

 休み。ラッキーと久々の散歩。
e0064457_0175133.jpg
e0064457_01759100.jpg
e0064457_01888.jpg

 雨雲が次々と流れこみ、時雨れることがありましたが、
それでも春の光線が雲の隙間から差し込んで、気持ちの良い日です。

 目指すは裏山。標高は200mにも満たないのですが、帯仕山と三好山の二つのピークがあります。帯仕山には小さな古墳があり、三好山はその名が示すとおり、戦国武将三好長慶の居城があった山城跡です。
 「ラッキー、さんぽ行くか?」
の声に大はしゃぎ!
 喜び勇んで出掛けました。
 山道に入ってからは、綱も解きました。
 それでも、前になり後ろになり、離れない距離でしばしの自由を楽しんでいました。
 山頂に近づくと、土橋、狭間や石垣がそこここに見られました。なかなかの山城です。山頂は市によって切り開かれ、展望も良いところでした。
 北と西は急な崖で、その下は芥川。城としては絶好の場所だったのでしょう。南方向には、吹田や大阪市街が望めます。
 しばし眺望を楽しんだ後、もと来た道を戻るのは主義に反します。それで、クマザサ深いけものみちに。
 そこここにイノシシが土を掘り返したあとがあります。
 ラッキーを後ろに、少しずつくねくねと下っていきました。どれほどか下ったところで、芥川に出ました。いつもは対岸を歩いているのですが、なかなか濡れずに渡れそうなところも見つからず、意を決して、大きくなったラッキーを抱きかかえ、ざぶざぶと川渡り。さすがに春。水は少し温んでいたように感じました。でも、渡りきったとたんに土砂降り。
 一般道を一人と一匹は歩いて帰ったのでした。
[PR]
by carnotaurin | 2012-03-25 00:18 | My Life