ブログトップ

タブリンの窓

carnotabur.exblog.jp

タブリンの木製恐竜骨格模型 制作記録 & 戯れ言 http://taburin.jimdo.com/ taburinあっとkfx.biglobe.ne.jp

出張終わり

 火曜日からの3泊4日の出張が、無事に終わりました。
 コースは昨年度と同じなので、あまり大きな違いはありませんでしたが、
秋の気配がやや感じられる熊本・天草でした。
e0064457_124562.jpg

 白亜紀資料館ではちょうど特別展が終わって撤収作業中。(恐竜くんの手がけたポスターは正面に残っていました!    http://boropin.blog.shinobi.jp/)
 泥棒もいない島なので、みなさん余裕の撤収作業のようでした。
e0064457_12463422.jpg
 
 三日目には天草と島原の海峡でのイルカ・ウォッチング。
e0064457_12452261.jpg
 今年は昨年よりも多くのイルカ(ミナミハンドウイルカ)を見ることができましたが、
イルカたちの食事中をおじゃましているようで、申し訳ない気持ちになります。
 2m~3mの流線型をした哺乳動物が、水の中を高速で自在に泳ぎ続ける姿には、
改めて動物の進化とは何かを考えさせられるものでした。
あのイルカは、これで完成形なのでしょうか。
それともある日突然、彼らの中から珍種が現れ、それが増殖、新時代を席巻し反映、今のイルカは滅びていくのでしょうか。
 船の上から眺めている人類とは、いったいどんな生き物なのか…


e0064457_12444219.jpg
宇土市住吉のJR三角線沿いの海岸。海苔の養殖が盛んなようですが、このあたりは干満の差が激しく、
見えますでしょうか、海の中に作業用の道路が走っています。(電柱のようなものが並んでいます。奥の方に見える山は島原の雲仙に連なる山々ですな) 潮が引いている時にはトラックなどを沖合まで進ませて作業ができるんですね。  千と千尋の…に似たような線路があったなぁ
[PR]
by carnotaurin | 2012-09-08 12:46