ブログトップ

タブリンの窓

carnotabur.exblog.jp

タブリンの木製恐竜骨格模型 制作記録 & 戯れ言 http://taburin.jimdo.com/ taburinあっとkfx.biglobe.ne.jp

Round-about

■信号いらず丸い交差点、日本に定着するか?
(読売新聞 - 02月23日 16:49)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=20&from=diary&id=2334876

 もともと馬車を利用していた時代に導入されたと聞いたこともあるが、なかなか興味深いものではあります。
 私自身はニュージーランド、イギリス、アイルランドほかで経験しましたが、最初は戸惑いました。左側通行の国では、とにかく右から来る車優先という意識さえ持っていればいいのですが、渋滞時には進入も進出もなかなか容易ではないことがあった記憶があります。
 残念なことに、植民地政策がもたらした東南アジアの大都市では渋滞時には悲惨なん状況でした。右側から途切れることなく来るために、左の車も我先にと入ってしまい、回転が止まるのです。2車線でもあっという間に4~5車線になる。
 もっとも、メキシコなんかでは、信号のない交差点では、必ず1台ごとに道を譲り合うという習慣があり、混雑した覚えがありません。
 日本では、2車線が工事などで1車線になったりするような場合、1台ずつ交互に譲り合うという習慣がなく、気のいい運転手がいない限りなかなか焦るのです。
 ラウンドアバウトが1車線だけならなんとか機能するでしょうが、2車線、3車線と同心円が増えれば、視野の狭い人には苦しいでしょうね。場所も広く取ることになるし。
 私の結論として、日本での普及はごく一部に限られることになり、全面的な普及は無理だと思います。
[PR]
by carnotaurin | 2013-02-24 07:34 | My Life