ブログトップ

タブリンの窓

carnotabur.exblog.jp

タブリンの木製恐竜骨格模型 制作記録 & 戯れ言 http://taburin.jimdo.com/ taburinあっとkfx.biglobe.ne.jp

クアラルンプール時代の校長先生

 1991年から95年まで、マレーシアのクアラルンプールにいた。そのときにお世話になった校長先生のお宅を訪問。現在、関西の都市で、教育関係の要職にある御仁。画像は執務室。ビルの11階にあり、素晴らしい眺望であった。
 クアラルンプールにある日本人学校は非常に大きな学校であった。古い校舎から巨大な新校舎へと移転。先生はそのときの大役も担ったわけで、大変な時代であった。
 12年ぶりにお会いしたが、まったくお変わり無いご様子で、ご自宅にまで案内していただいた。笑顔が絶えず、ひとの話を聞くのが上手で、万事核心から逸れることはない。またトラブルがあっても、うまくまろやかさでほぐすセンスをお持ちでいらっしゃる。私ごときの存在にも気を配ってくださる。まったくもって恐縮である。
[PR]
by carnotaurin | 2006-01-07 21:45 | My Life