ブログトップ

タブリンの窓

carnotabur.exblog.jp

タブリンの木製恐竜骨格模型 制作記録 & 戯れ言 http://taburin.jimdo.com/ taburinあっとkfx.biglobe.ne.jp

大仏

 写真だけ貼り付けて、文章が後になってしまった。
 先週の日曜日、家族そろって奈良東大寺の大仏を観に出かけた。
 ここから奈良までは直線距離にしてわずか数十㎞。枚方へ出て、そこから北寄りに生駒市へ抜けて行く。
 家族にとっては初めての大仏。私にとっても中学の修学旅行以来になる。(いや、正確には、もう一度行っている。修学旅行の半年後、中3の12月30日、独りで電車を乗り継いで奈良へ入り、東大寺の近くに一泊した経験がある。人通りも少なく、行き当たりの小さな旅館に泊まって、散策したのを覚えている。)
 天気は回復し、桜は散っている最中であったが、周辺の山々の新緑の鮮やかさが見事であた。私なんぞは、あの大仏の大きさよりも、大仏殿の組み立ての方に興味があった。あれだけの木造建築には、かなりの研究と苦労があったと思われる。今のようにコンピュータも無い時代に、どのような図面が描かれ、どのような手順で組み立てたのか興味は尽きない。
 娘二人は、あの大きな柱の下にある穴を、いとも簡単に通り抜けた。
 帰りは柳生の里、宇治の平等院を訪ねて帰った。いつもの通り、トイレ休憩が多い家族旅行だった。
e0064457_659116.jpg
e0064457_6592862.jpg

[PR]
by carnotaurin | 2006-04-24 06:59 | My Life