ブログトップ

タブリンの窓

carnotabur.exblog.jp

タブリンの木製恐竜骨格模型 制作記録 & 戯れ言 http://taburin.jimdo.com/ taburinあっとkfx.biglobe.ne.jp

有り難き職場環境

  6:55には家を出て、メインストリート沿いにある月極駐車場(月額10500円)までの3分間ほどを歩く。荷が少なければ走る。
  車に乗って、坂道を上って、北方向、つまり町から離れる方向に進む。ほどなく、鮎釣りのできる山間の渓谷を走ること約15分。7:15~20には職場に着く。

 これが実に有り難い職場で、前の○○県と比較するのは申し訳ないが、否応にもそうしてしまう。
①まず、常勤の校務員さんが二人もいらっしゃり、私が着く前には既に仕事を始めていらっしゃるから、自分で鍵を開ける必要がない。なんとコーヒーメーカー(職員の有志による自費備品)には湯気が立っている。校務員さんは、校舎内外の施設設備管理を万全にやってくださっているので、教職員が妙な作業をすることはほとんど無い。

②また、子どもがいる時間帯はもとより、少なくとも我々がいる時間帯には、警備員さんが常駐している。さすがは危機管理面の意識が進んだ大阪である。恐れ入ることに、警備員さんは、学校の門での出入りは勿論、退勤する頃には教室のドアや窓の鍵まで閉めて下さるのだ。それは教員の仕事だと思うんだけど…。

③給食は40数人が一堂に会するきれいなテーブルのランチルームで、これまたできたての温かい給食。さらには学校で収穫された椎茸やタケノコなども特別にメニューに加わったりする柔軟さ。食器は勿論強化磁器。

④義務教育は無償、つまり授業料は取らないが、学習に使う教材費とかはご家庭負担となっている。○○県では、その計算や業者への支払い、面倒な会計事務を普通は担任が負うので、これまた各学期末には忙しく、場合によっては自分で銀行口座を開き、銀行まで出かけたりしなくてはならなかったりするのだ。しかし、ここではその一切を学校事務局さんがすべてやってくださる。全くミスの無い会計報告まできちんと保護者向けに出してくださるのだ。なんと有り難い!

⑤これは校舎が新しいから、ではあるけど、プールの浄化設備は最新で、面倒な操作がほとんどいらない。ありがたや、ありがたや!

⑥各教室は冷暖房完備で快適。ありがたや、ありがたや!
 
 元々の予算額が違うのか、予算の使い方が違うのか、考える人間が違うのか…。せめて、教員が児童生徒の教育に専心できる環境であって欲しい。

 こんなに至れり尽くせりだが、難点もある。職員駐車場使用料は高い!電車やバスでの通勤が実際問題として不可能だから、自家用車に頼らなくてはならないのに…。
 それに、山奥にあるので、市内の研修会等に出るのも一苦労である。出たら出たで、学校の職員駐車場ほか無料駐車場が無い!まともに一般の駐車場に入れると大金が飛ぶが、自腹である。
 加えて驚いたのが、校内LANが整備できていないこと。自分のデスクから常時最新の情報にアクセスしたり、プリンターに接続したり、他のデスクと情報交換できることは大変に効率的なのだが、これが無い。

 前からここにいる人はこれに慣れているのだろうが、私には誠に新鮮な驚きである。

 ああ、それにしても駐車料金だけで毎月13500円を使っているのか。本が10冊も買える金額だぁ…。

 お姉さん、感想をどうぞ!
…これって、「職務上知り得た秘密事項」ではありませんよねぇ。
[PR]
by carnotaurin | 2006-07-20 01:06 | My Life