ブログトップ

タブリンの窓

carnotabur.exblog.jp

タブリンの木製恐竜骨格模型 制作記録 & 戯れ言 http://taburin.jimdo.com/ taburinあっとkfx.biglobe.ne.jp

昨日の大阪


 今日、といっても日付が変わってしまったけど、息子の付き添いで大阪YMCAに行ったときの話です。

 とにかく、大阪の町には詳しくないんです。どこにどんな町があって、鉄道がどう走っているってのがほとんど頭の中に無いんですね。東京ならほとんど分かってるんですが、大阪はまだなんです。
 だけど便利なモンで、いく前にはネットで地図を検索して、きちんと調べました。こうして情報が積もっていってくれることを祈ります。基本的に方向感覚はいい方だと自分では思っています。

 高槻から大阪駅までJRで250円。一方、距離にして1㎞もないくらいの西梅田から肥後橋まで地下鉄が200円というのは高かった!
 その肥後橋駅から西へ歩くこと5分ほど。まずは腹ごしらえをしたあと、息子を会場の大阪YMCAに置いて、下に降りてくると、その息子から電話。
「おとうさん、筆記用具忘れた」
「…あほか、お前は!」
 とにかく緊張感が感じられない息子なんです。なんでここまでのんびりしていられるだろう…。仕方がないんで私のペンを持っていきました。本当に性格的にはうちの子達と私はほとんど似ていません。
 私の上着にはごちゃごちゃいろんなものが入っています。ペンも数本、運転免許証、裸銭、メモ用紙、文庫本、ハンカチ、方位磁針、デジカメ、どっかの飲食店で使わずにポケットに収まった袋入りのお手ふき、彫りかけの恐竜の頭、捨て損ねたゴミ……あとは書くことがはばかれるような品々…。
 話を戻します。それで再び下に降りて、すぐ近くの大阪市立科学館という施設に向かいました。

 この施設が大阪市立自然博物館でないことは知ってましたが、まあ、恐竜の1体くらいはあるんじゃないかと。でも、ロビーをうろついてみると無さそうなので、館内の土産物屋に寄ってみました。
ここにも恐竜関係といえるほどのものはありません。天文にも興味があるのですが、今は恐竜なんです。
 ふと見ると、本棚に有名な科学雑誌の恐竜特集冊子がありました。「はにゃ?これは見たかな?」 プライスは1500円…。
 見本を手にとって開くと、想像以上!愕然とするイラストのオンパレード。酷さを越えて滑稽さ、ペーソスさえ感じられます。記述も何ら面白いことは無い…。
 昔から、この雑誌の、特に恐竜関係イラストの酷さは有名なはずですが、まだ存在していたのです。名のある雑誌があんな状態では、発行する会社に大いなる責任があると私は個人的に思います。
 結局何も買わずに外へ。

 息子は面接だけなので、ほどなく出てきました。
 まっすぐ高槻に帰り、私は家で恐竜を彫りに、息子は友だちと待ち合わせて天神様のお祭りに行ったのでした。

 さて、月曜日、仕事から帰って、大腿骨の作り直しをしました。大腿骨の骨頭の形状に不満があり、修正不可能なために作り直したのです。明日はそれを整形していくつもりです。
[PR]
by carnotaurin | 2007-02-27 00:48 | My Life