ブログトップ

タブリンの窓

carnotabur.exblog.jp

タブリンの木製恐竜骨格模型 制作記録 & 戯れ言 http://taburin.jimdo.com/ taburinあっとkfx.biglobe.ne.jp

春の新作予定?

 3月は忙しい。
 4月はもっと忙しい。
 でも、作りたい。

 春の新作候補、って言っても、完成は秋頃になるかもしれませんが、あれこれと考えています。
 まず、今一番気になっているのが画像の恐竜Nigersaurus taqueti。
アフリカのニジェールから発見された全長9mほどの小型の竜脚類。
 特徴的な吻部、薄い頭骨、軽い構造の脊椎などが特徴です。
 サイズが全長9mほどなので、作るとしたら90㎝。
e0064457_1194613.jpg


 ここで問題が…
 90㎝はかわいくていいのですが、こやつの頭骨は小さく、また極めて薄い骨で構成されています。つまり10%で再現すると、頭骨は5㎝未満、部分的には1㎜以下の薄さに挑むことになります。
 となると、極めて密度の高い粘りのある木材を選ばなくてはなりません。前回同様のトチ杢でいくか、それともサクラやイチョウはどうでしょう…。
[PR]
by carnotaurin | 2008-03-09 01:19 | 恐竜