ブログトップ

タブリンの窓

carnotabur.exblog.jp

タブリンの木製恐竜骨格模型 制作記録 & 戯れ言 http://taburin.jimdo.com/ taburinあっとkfx.biglobe.ne.jp

ブラキオサウルスの修正

 箱から出したブラキオサウルスのかさばること…

 それで、肩帯の位置を調整し直しました。
 本当は前側の肋骨数本も作り直したいところなのですが、時間が無いので肩だけずらしました。これで首の起点が少し高くなったのですが、作業は結構大変でした。

 はずした肩帯のまずは位置の決定。でかいので膝の上での作業も一苦労。
 それから、肋骨の内側から孔を開けて、肩帯に貫通させ、針金で鋲打ちのように固定。
 なんとか自立できます。
 でも、今度の展示会では、長時間にわたって立たせるので、脊椎に向けて支柱を入れようかと思います。いくら4本脚でも、やっぱり自分でバランスをとってくれないから、不安定なんです。

 それにしてもかさばる。
 寝る場所が無い。
e0064457_23581965.jpg

e0064457_024540.jpg


 ところでみなさん、この長い首は、結構軽くはしているんですが、それでもこんなに胴体から突き出ているんで、結構力学的に大変なんです。どのようにして支持していると思いますか?

 それにしても、ブラキオサウルスのハクチョウ首(S字)復元は、やっぱり無理があると思います。それに、歩くときもあの鎌首をもたげた姿勢では、力学的にかなり無理があると感じます。
[PR]
by carnotaurin | 2008-06-27 00:09 | 恐竜