ブログトップ

タブリンの窓

carnotabur.exblog.jp

タブリンの木製恐竜骨格模型 制作記録 & 戯れ言 http://taburin.jimdo.com/ taburinあっとkfx.biglobe.ne.jp

開墾

 先日来、裏斜面の開墾をしています。

 買うときにくっついてきた斜面(土地)は、放置されて草ぼうぼうでした。
 「雑種地(宅地)」とのことで、ここを削って何かを建てることも役所に届ければできそうですが、そのためには上の家との関係もあるし、何よりユンボなどの機械を入れる道が無いのです。

 そこで、かねてより考えていた通り、ここを段々畑に開墾することにしたのです。

 既に何日も働きました。
 最初に出てきたのは鉄筋が数本。前の人が置いていったのでしょう。
 小動物…おそらくネコの大腿骨数本。
 小石・大石・などの砂利と粘土の固まり……

 スコップは最初の段階から使えません。すぐに石に当たります。
 それで「開墾鍬」で崩していきます。
表面の草や小樹木を根こそぎはがして、あま大きく振らずに、
石とケンカをしないように、少しずつ掘り崩していきます。

 まずは上へ上がるための階段を作りました。
 5段ほどの段々畑に整形。
 歩くところと畑を一段おきにした方がいいかな?

 削られた砂利はふるいにかけて、小石と石ころ、土を分別。
 山のようにたまっています。
 これの処理方法も考えなくては。
 業者さんに残土処理をお願いしなくてはならないのかなぁ。


 今日は6時間働きました。
 手首が壊れそうです。
 階段に素焼きの煉瓦で出来た板を敷きました。
 段々畑の各段の3カ所にくいを打ち込みました。
 どうやらセメントなどの処置も必要そうです。

 近所迷惑にならないように。
 土砂が流出しないように。

 土木工事の知識や経験が無いので、ここまでが限界でしょうか。

今日のBefore
e0064457_21331210.jpg


After
e0064457_21333241.jpg

  
[PR]
by carnotaurin | 2008-08-19 21:33 | My Life