ブログトップ

タブリンの窓

carnotabur.exblog.jp

タブリンの木製恐竜骨格模型 制作記録 & 戯れ言 http://taburin.jimdo.com/ taburinあっとkfx.biglobe.ne.jp

発見部位のパーセンテージ

Skeletal Elements of Tyrannosaurus rex
skull 55
cranial 41
paired premaxillae 2
maxillae 2
nasal(fused) 2
lacrimals 2
jugals 2
postorbitals 2
squamosals 2
quadrates 2
quadratojugals 2
palatines 2
pterygoids 2
ectopterygoids 2
epipterygoids 2
unpaired vomer 1
braincase unpaired basioccipital 1
supraoccipital 1
basisphenoid 1
parasphenoid 1
paired parietals(fused) 2
exoccipital-opisthoticus 2
prootics 2
laterosphenoids 2
frontals 2
mandible 14
paired dentaries 2
coronoids 2 supradentaries
splenials 2
angulars 2
surangulars 2
prearticulars 2
articulars 2
teeth not counted

axil 114
cervical vertebrae 10
proatlas 2
cervical ribs 18
doral vertebrae 13
dorsal ribs 22
sacral vertebrae 5
caudal vertebrae 44 ?
Osborn 56
Maleev 40-45 Tarbosaurus
Holtz 35-44
Paul 39
FMNH PR2081 has 36 restored with 47
chevrons    40-42  begins with the 2nd cd.
gastralia 26 13 pairs FMNH PR2081
TCM2001.90.1(Bucky)
MOR980(peck's rex)

Appendicular 89
Forelimbs 31
furcula 1
paired scapulae 2
paired coracoids 2
paired humeri 2
paired ulnae 2
paired radii 2
carpals 4 (2each*2)
metacarpals 6 (3each*2)
MOR980, BHI6203
manus phalanges 10 (5each*2)
Hindlimbs 58
pelvic paired illia 2
paired pubes 2
paired ischia 2
leg paired femora 2
paired tibiae 2
paired fibulae 2
ankle paired calcanea 2
paired astragali 2
2-paired tarsals 4
Feet 38
5-paires metatarsals 10
14-paires pes phalanges 28

total 326


by Neal L.Larson, "ONE HUNDRED YEARS OF TYRANNOSAURUS REX: THE SKELETONS " p.55 TYRANNNOSAURUS REX THE TYRANT KING の文章をもとに私が表を作成。


私は疑問に思ってたんです。
よく、報道記事や博物館の説明で、
「今回発見された○○サウルスの骨格は、約50%が発見され…」
なんてあるんですが、様々な形をした全身の骨を、あたかもひとまとめにしたような○%って、どうやって産出するのだろうか?
重さ?ったって、全身の骨の重さがわかるわけない。ましてや化石だし。


この本を読んで初めて知りました。このパーセンテージは、
期待される全身骨格を構成する骨の数個に対する発見部位の骨の数だと。
平たく言えば、

 「発見された部位の骨数」/「期待される全身骨格数」×100

 でも、たとえ80%でも、一番重要な頭部を含まない80%だってあるわけですよね。

ちなみに、最も発見部位の多い2つが、
○スー  発見部位数219個(歯は含めていないはず) 73%
○スタン 発見部位数190個             63%
あとは50%以下です。

ここでわかんないのが、219個で73%ってことは、全身骨数は300個という数字を使って計算していることになります。

上の表で私が計算したのは全身324~326個(歯を入れず)。
????
しっぽの骨も確定されていませんし、その下に着く血道弓も確定されていません。

gastralia腹肋か?問題点は。
これは皮骨性の骨ということで、骨にカウントされないことがあるそうですが、上のは13対26個をカウントしています。これですね。
13個はスーで確認されているgastraliaの数で、ほかにもTCM2001.90.1(Bucky)や MOR980(Peck's rex)では良好なものが発見されているようです。

 よって、ティランノサウルスの全身骨数は、300程。

 ちょっと納得。


 すみません、つまんない話題でした。
[PR]
by carnotaurin | 2008-09-20 15:45 | 恐竜