ブログトップ

タブリンの窓

carnotabur.exblog.jp

タブリンの木製恐竜骨格模型 制作記録 & 戯れ言 http://taburin.jimdo.com/ taburinあっとkfx.biglobe.ne.jp

10連発、まだあきらめてません!

 無謀な企画の10連発。まだまだあきらめないよぉ~
 
 今日も穏やかな一日だったので、4時間ほど外でやりました。

 残念ながら、先回の画像では判別不可能でしたね。シルエットがはっきり分かる撮影だったらとも思いますが、今回は、手を入れたいくつかは、もう分かっていただけますね。5つと、前のケラトサウルスも荒削りができています。
e0064457_1938169.jpg
e0064457_19382234.jpg



 夜は描いて、彫刻刀とナイフで荒彫り。
 昼はルーターで、彫っては描き、描いては彫りの連続。
 荒削りですが、いくつかを連続で同じような工程を繰り返すのは、今のところ割と面白いですよ。ルーターの先端工具も、同じ工程なら同一のものでOK。先端を取り替える手間が省け、一気にいくつかの作品を手がけられます。一個ずつ完成させるよりも時間的にはいいんじゃないかと思ったりします。
 それに、各恐竜の特徴を再確認することが出来ますね。「こいつとこいつは、こういうところが結構違うな」って。

 この荒削りでは、結構ガンガンいけるのですが、削りすぎたり彫りすぎたらおしまい!!特に骨の側面にある「~窓」などを彫るときには、内部構造も意識しながら彫り進めます。
[PR]
by carnotaurin | 2008-12-29 19:38 | 恐竜