ブログトップ

タブリンの窓

carnotabur.exblog.jp

タブリンの木製恐竜骨格模型 制作記録 & 戯れ言 http://taburin.jimdo.com/ taburinあっとkfx.biglobe.ne.jp

雨の土日

 2月に入りましたね。早いもんです。

 今朝、太陽がまぶしく顔を出したので、いそいそと、ウキウキと作業を始めたのですが、2時間ほど気持ちよく作業をしていたら、にわかに雨…。
 工具も木も、濡れには弱い!あたふたと片付けました。

 画像は、今朝くり抜いたアロサウルス(ビッグ・アル)、カルノタウルス(1/10スケールより大)、ドラコレックス・ホグワーツィア。

 アロサウルスは発見数が多く、また頭骨にもバリエーションが多いですね。
 ビッグ・アルは、まだ亜成体ですが、発見部位が95%と多かった個体MOR693です。亜成体ながら、過酷な激しい人生をおくっていたようで、全身に19カ所もの骨折や感染部位が見つかっています。ゴン太ですな。
e0064457_14432963.jpg
e0064457_14434070.jpg

 もう一つ、同じスイスのチームが見つけたビッグ・アル2というのがいるんですが、こやつはlacrymal涙骨(目の前のとさかのような部分)がやたらとバンビの耳のようにでかく、鼻面は垂れ下がって、あまりかっこよくありません。どう見ても新種ですな!

 カルノタウルスは私の好きな恐竜の一つでして、今までにも何個も作っています。今回は15%スケールほどです。
e0064457_14441327.jpg


 もう一つが初の試み、Dracorex hogwartsia
(Dracorex=dragon king, hogwartsia=ハリー・ポッターのあの魔術学校)
Pachycephalosaurus(このスペル、一気に言えます!)の仲間ですが、トゲトゲがすごい!造形的に面白いですよね。(やるのは大変ですが)
e0064457_14444812.jpg

 もう一つは、Dunkleosteusという魚。頭部と下顎を切り離しました。
e0064457_1445569.jpg


 では、アタリを描き込みながら、ナイフと彫刻刀で始めます。
[PR]
by carnotaurin | 2009-02-01 14:44 | 恐竜