ブログトップ

タブリンの窓

carnotabur.exblog.jp

タブリンの木製恐竜骨格模型 制作記録 & 戯れ言 http://taburin.jimdo.com/ taburinあっとkfx.biglobe.ne.jp

カテゴリ:My Life( 133 )

妻のこと。
先週2月18日、手術のために入院。翌、19日午後手術。

経過は良好、ではあるが、
今日、退勤を30分早めて、病院に。
渋滞もなく、1時間少しで京都の病院に着く。

高額医療保険の認定証を受付事務に提出。

先週水曜日の手術から5日。
今日、経過が医師から告げられた。
結果、退院は3日遅れの今週土曜日に延びた。

でも、大丈夫さ。
何もかも大丈夫さ。
[PR]
by carnotaurin | 2014-02-24 21:06 | My Life
 寒い毎日でしたが、今日はあたたかめ。
 先週の雪の日、少し山の方にラッキーを連れて行きました。
 寒さなどなんのその、大喜びでした。
e0064457_19261511.jpg
e0064457_19264572.jpg
e0064457_19265886.jpg

[PR]
by carnotaurin | 2014-01-25 19:27 | My Life
 またまた暑い一日。
 今日、帰省する予定でしたが、次男坊の野暮用のために
あすに延期。
 そこで、ラッキーを連れ出す。
 普通に外を歩けば暑い!
 気温が35度あれば、直射の路面は40~50度にもなろう。
 海辺も焼ける砂浜などには行けない。
 そしたら、川辺しかあるまい。

 今回は、国道171号線を京都方面に北上。
 知人の実家がある右京区梅ケ畑から高雄に抜ける。

 しばらく行くと、「滝叉の滝」の看板。

 少し入ったところに車を置いて、歩く。
 山中はわずかに涼しい風も吹く。
 まだ今日は人が歩いた気配は無し。
 せせらぎに沿って歩くこと20分ほどで、滝壺に着く。
e0064457_11365485.jpg


 織田信長の甥っ子が出家して修行したところらしい。

 水量はここのところの少雨で大して多くはないが、
 20mを流れ落ちる滝の送る涼風が、汗をかいた体にひと時の涼しさを施してくれる。

 流れに手をつけると、確かに冷たい。
 家の水道は、ここのところ生ぬるささえ感じられるのに。

 小魚やイモリが見える。
e0064457_1137536.jpg


 標高450m。

 その後、南丹を回り、亀岡、東別院を経て帰宅。

 それにしても下界は暑い。
 少し雷が鳴ったが、雨をもたらすことはなかった。
 
[PR]
by carnotaurin | 2013-08-10 20:35 | My Life
■信号いらず丸い交差点、日本に定着するか?
(読売新聞 - 02月23日 16:49)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=20&from=diary&id=2334876

 もともと馬車を利用していた時代に導入されたと聞いたこともあるが、なかなか興味深いものではあります。
 私自身はニュージーランド、イギリス、アイルランドほかで経験しましたが、最初は戸惑いました。左側通行の国では、とにかく右から来る車優先という意識さえ持っていればいいのですが、渋滞時には進入も進出もなかなか容易ではないことがあった記憶があります。
 残念なことに、植民地政策がもたらした東南アジアの大都市では渋滞時には悲惨なん状況でした。右側から途切れることなく来るために、左の車も我先にと入ってしまい、回転が止まるのです。2車線でもあっという間に4~5車線になる。
 もっとも、メキシコなんかでは、信号のない交差点では、必ず1台ごとに道を譲り合うという習慣があり、混雑した覚えがありません。
 日本では、2車線が工事などで1車線になったりするような場合、1台ずつ交互に譲り合うという習慣がなく、気のいい運転手がいない限りなかなか焦るのです。
 ラウンドアバウトが1車線だけならなんとか機能するでしょうが、2車線、3車線と同心円が増えれば、視野の狭い人には苦しいでしょうね。場所も広く取ることになるし。
 私の結論として、日本での普及はごく一部に限られることになり、全面的な普及は無理だと思います。
[PR]
by carnotaurin | 2013-02-24 07:34 | My Life

 今朝は大阪でも冷え込みました。
 でも、風も吹かないで、比較的落ち着いた天気になりました。

 Maiacetusの歯が気になりましたが、ここのところラッキーを連れての外出ができていなかったので、思い立って京都嵐山に。

 車で1時間もかからず到着。
 冬なのに、結構人もいたようです。
 渡月橋の南岸から北岸に、そして少し上流まで川沿いに。
 人力車のお兄さんが多いなぁ。
e0064457_2138879.jpg
e0064457_21381753.jpg
e0064457_21382756.jpg

 人混みの中ではあまり落ち着かないラッキーでしたが、
喜んでくれたようです。

 帰りには国道9号線から亀岡を抜け、府道で山の中を高槻に戻りました。
[PR]
by carnotaurin | 2013-02-17 21:38 | My Life
宅急便の話じゃありません。
 今朝、いつもの通勤路に、かわいそうにもクロネコちゃんが死んでいました。
既に道路脇に、ダンボール箱に入れられていました。
 この道は結構あって、今までにも2回見たことがあります。
 ふと先を見ると、なんと、もう一匹クロネコちゃんが死んでいました。
 道路脇に倒れて…

 何もできなかった私は、合掌だけして、その場を立ち去って仕事に向かってしまいました。

 仕事中も気になりました。

 帰り、同じ道を通ったら、二匹とも箱に入って、道路脇に置かれていました。
 放置というべきか。

 その場を去りかけましたが、あまりにも二匹が不憫でならなくなり、
警察に電話。普通なら市役所でしょうが、私の携帯には警察署の番号しかなかった。
 電話をして、報告して、立ち去ろうと思いましたが、
やはり不憫で、警察官が来るのを待ちました。
 途中、私と同じように朝見かけたのでしょう、自転車に乗った高校生が通りがかって、何度も見ながら去っていきました。

 5分ほどでカブに乗った若い警官が来てくれました。
 状況を説明し、住所氏名を書いてもらって、帰宅しました。

 かわいそうなクロネコ。
 飼い主も心配してるだろうなぁ。
 このあと、焼却「処分」されるのだろうけど…

 合掌。
[PR]
by carnotaurin | 2013-01-17 22:38 | My Life
 単身帰省。稲刈りから玄米までの過程を手伝う。

 弟も岡山市から帰省して、久々にもとの家族4人が水入らずで揃った。
 なんだかそれが嬉しかった。


 初日の日曜日は、前の田の残り部分。何しろ、疲れを知らない父が、ほとんど刈り取りをしていた。
 残りあとわずかというところで、台風雲の送り込んできたにわか雨。撤退。

 雨は1時間ばかりで上がり、午後の再開を期して、室内作業をする。
乾燥された籾を脱穀する作業。


 日本でも全国的な問題かと思うが、米作り農家は危機的な状態にある。
 昔からではあるが、きつい作業が多い米作りは、後継者が少ない。
 よって、高齢化が進む。
 高齢化するということは、体力が落ちるということ。
体力が落ちるのを補うのが、機械化。

 昔の手刈り、肩運びから比べれば、今は遊びといえるほど作業は効率化して体力的負担は軽減されている。
 私が小さい頃は、手刈りだった。鎌でひと株ずつザックザックと刈っていく。
 それを手に取り、稲わらで2~4株ほどまとめて結束する。
 束ねて運び、ハゼ(別名ハゼバ、保木)=稲掛けにかける。
親父が組んだハゼ(主に竹と木でできている)に登るのは楽しみだった。

 天日乾燥されたら、籾すり機に入れる。耕運機にベルトでつながれた籾摺り機。大きく力強い機械だった。親父が一つずつ持って機械に入れると、ダダダダっと稲から籾を分離する。
稲は袋に入れ、家に運ぶ。藁は田に残し、重ねて小さな家のような形に仕上げる。
この小さな「家」も好きだった。上がったら崩れるから、と言われても上がったものだ。

 家に運ばれた籾は、籾摺りをする。玄米と籾殻を分離する。これにも工夫された特有の機械があった。
中に入ると、ベルトでつながれた耕運機の力が、籾すり機に伝わる。すると、さらに細いベルトが、いくつもの回転部に力を伝え、回転部の大きさでスピードが調整されて、全体としてひとつの機能を発揮する。
これを考えた人は天才だと思った。
これでやっと玄米になる。

田植えも手植えだったのが機械になった。
すごいと思った。昆虫の手のような機械が、小さな苗をさっさと植えていく。驚いた。
発明した人を天才だと思った。
やがて、歩行式(耕運機のように手でコントロールして、歩きながらの田植え)は、乗車式になった。

稲刈りも、手刈りから稲刈り機が現れた。
耕運機のように歩きながら操作するのだが、これがバサバサと刈って、なんとそれを適当な束に束ねてくれる。
発明した人を天才だと思った。
やがて、1条2条刈から3条4条刈、さらに乗車式、そして一気にコンバインになった。
コンバインなどはノーベル賞ものだと思った。

機械化が促進されるにつれて、田んぼそのものの構造改善が進み、
昔風の田の並びは根こそぎ改変され、機械を入れやすい整然とした田の並びになった。
昔の水田風景は消えた。

しかし、機械があるとは言え、重労働に変わりは無い。
天気にも左右される。
今はこういった作業のほとんどがさらに機械化されてはいる。
高齢化は機械化を促進するし、機械の入る部分が増えれば、若年層もいやがらずに米作りに参入できそうだが、そういう状況はほとんど無い。
農業機械は高額なのだ。
年に数日しか使わないかさばる機械が数百万円する。
共同で使うことはまずできない。それぞれの農家がそれぞれの農作業のタイミングをもっているからだ。
だから個人購入。

うちの親父は、機械が古くなっても、修理して繰り返し使う。
しかし、部品が無いことが多いという。
メーカーは新しい機械を開発する。古い機種の部品まではなかなか残さない。
「古くなるから壊れる。だから部品がいる。それなのに、古いから部品が無いというのはおかしい!」
とボヤく。
だから、我が家では最新鋭の機械に満ちているわけではない。
古い機械が器用に組み合わされて、オヤジのアレンジで使われている。

 多機能の新鋭機械。購入すれば作業は少しらくになる。
 しかし、高額。
 それに見合った収入は、米作りからは得られないのだ。
 農家の米から得られる収入は、店頭に並ぶときの半額以下だ。
 年一回の収穫で、だ。
 我が家の規模で計算すれば、月収7万円以下に相当する。
 米は、消費者の手元に届くときには、倍以上の額になるのだ。
 日本では、昔から米価は大きな課題だった。
 
  今は様々な米作り農家の形態が存在する。
 しかし、これからの日本の米作りは楽観できない。
 日本はもちろん、
 我が家の米作りはどうなるのか、改めて家族揃った中で考えた。

 籾摺り機から出てくる玄米が、バケツの中にサーッと溜まっていく。
 2缶でひと袋になる。全身の力を使って、米を運ぶ。

 サーっと出てくるひと粒ひと粒が私たちの食べ物。
 父母が頑張って育てたひと粒ひと粒。
 だから、平気でご飯を残す人を見ると、大いなる失望感を味わう。
 米が高い!といいながら、なぜ残すのか!
 すべての食べ物がそうだが、そのひと口の背景には、人々の大きな努力がある。
もっと食を大事にして欲しい。
 そう思いながら、目の前でサーっと溜まっていくひと粒ひと粒の米を見る。
 父母のありがたさを思いながら目の前の溜まっていく米を見る。


 二日目の今日、昼前に一通りの作業が終わった。
 とは言え、もち米はまだ乾燥機の中だ。明日以降になる。
 申し訳ないと思いながら、帰る。
 帰り際に、新米を持たせてくれる。
 重い。
 ありがたい重さだ。
 
 バックミラーに映る父母は、小さくなった。
 

 
 
[PR]
by carnotaurin | 2012-09-17 20:32 | My Life
Just daily routine. Nothing specially new.
I had returned the car this evening.
Tomorrow we'll be getting on the bus that costs 2.50 dollars.


25 yrs ago, I visited this beach. Mr. Clark Hatch drove me down here
;Mr.Clark Hatch is a founder of Clark Hatch Fitness center as well as a pioneer of fitness business in Asian countries.
e0064457_15122970.jpg

Hanauma beach,
e0064457_15103270.jpg

e0064457_15105830.jpg

Aloha Tower.
e0064457_1512459.jpg

[PR]
by carnotaurin | 2012-08-03 15:19 | My Life
Yesterday, we had a chance to visit a park which has a huge tree seen on TV CM..
That was actually a huge mountain.
e0064457_752384.jpg
e0064457_76288.jpg
e0064457_762546.jpg

[PR]
by carnotaurin | 2012-08-01 07:06 | My Life
It was rainy earl in the morning here in Honolulu.
I got a new car and drove from east to north.
But my collegue doesn't like "wild" beach, so came back to Waikiki beach.
It was sunday afternoon, not so many people.
The weather is fair.
e0064457_16192833.jpg
e0064457_16195010.jpg
e0064457_16203190.jpg

[PR]
by carnotaurin | 2012-07-30 16:20 | My Life