ブログトップ

タブリンの窓

carnotabur.exblog.jp

タブリンの木製恐竜骨格模型 制作記録 & 戯れ言 http://taburin.jimdo.com/ taburinあっとkfx.biglobe.ne.jp

カテゴリ:My Life( 133 )

ただ今戻って参りました。
 結論から言うと、伯母は、とりあえずは大丈夫そうです。

 伯母が倒れたのは24日午後のこと。
 かかりつけではない病院に搬送され、そこから実家に連絡が来ました。

 連絡を受け、翌25日の朝3時半に高槻を出発。中国道で岡山県津山市の実家に行き、母を乗せ、国道53号線を南下、岡山に。山陽自動車道の手前で弟を乗せ、九州に向かいました。山口までは風が強く、小雪の舞う天気でした。
 福岡県の最南端のインターチェンジ南関で降り、まずは病院へ。
 病院では、集中治療室に伯母は横たわり、口から気管挿入で呼吸を。肺をやられているらしく、自力での呼吸が困難とのこと。しかし意識はあり、問いかけに涙を浮かべてうなずくことができました。

 伯母は79歳。ずっと独身。大阪十三あたりにもいたそうですが、三池炭坑が繁盛していた頃に大牟田に移り、そのまま引退。現在に至るようです。私も数回しか会ったことがないのですが、それでも伯母は私のことも気にかけてくれていました。
 母と伯母は、会えばお互いに文句ばかり言い合っていますが、幼くして両親と姉を失った二人にとって唯一の姉妹。

 病院の後、伯母のアパートにナビを頼りに行きました。数十メートル先が熊本県という場所で、昔は栄えたであろう街角の小さなおんぼろアパートでした。鍵が無く、隣近所の人に尋ね、近くの公民館長宅を訪ね、民生委員さんに連絡をとっていただきました。
 何か手がかりがないかとアパートの周囲を回ると、台所窓の鍵が開いていたので、館長さんほか立ち会いのもと弟が入り、中から鍵を開けました。
 室内を調べ、伯母の親しかった友人や在宅介護のヘルパーステーションに関するメモなどを発見、そこに連絡をとり、何とか方向性が見いだせました。
 病院の入院手続きをして、入院セットの購入もしました。最悪の場合の救急措置についての同意書にも署名しました。私の母も呆けが始まっているので、長男である私のサインで。
 その夜は弁当を買って三人でアパートに泊まりました。
 寒い夜でした。
 
 翌日、市役所へ。大牟田の市役所は、栄えた頃の古いレトロな庁舎でした。保護課というところへ行きましたが、これまた昭和の事務所。映画のロケにでも使えそうでした。三池炭坑のおかげだったんでしょうね。
 この課のデスクには、何十人もの質素な制服?の中高年の担当者の方々がびっしりと座ってなにやら忙しそうでした。ヘルパーステーションで聞いた担当の人を呼んでいただき、かくかくしかじかと事情を説明し、書類をいただきました。それを病院へ持っていき提出。一通りの手続きを終えました。

 この日の午後には管も取れて話せるようになるというので、いったんアパートに戻り片づけ、再び病院へ。1時頃には予定通り管がはずせ、苦しそうな呼吸でしたが、少し話すことができました。入院は約1ヶ月。
 なんとか大丈夫でしょう。
 「また来るからね。」と何度も念を押して病院を出ました。

 大牟田から岡山、津山を経て、先ほど帰還。
 
 慌ただしい二日間でした。

 恥ずかしい話ですが、老人介護とか、保険とか、そういったことに全く無縁無知であった私は、今回いろいろと考えさせられました。
 あちらでは、近所の人やいろいろな方々の優しさにふれることができました。ありがたいことでした。私も自分の無知を説明し、全くの素人にわかるように説明を求め、丁寧に対応していただき、勉強になりました。

 さて、疲れたので、眠ります。
 お気遣いくださったみなさま、ありがとうございました。
[PR]
by carnotaurin | 2011-12-27 01:29 | My Life
私の母は、幼くして父母を亡くしています。
唯一、姉(私の伯母)がいますが、その伯母が「危ない」との連絡が入り、
急遽明日、早朝より岡山の母を連れて車で大牟田まで行きます。

伯母も台湾生まれ。
ずっと九州で独り暮らしなので、私も数回しか会ったことはないのですが、母の唯一の肉親。
物忘れの多くなってきた母ですが、
独りぼっちの伯母を想っていることでしょう。

では、早めに眠ります。
[PR]
by carnotaurin | 2011-12-24 19:43 | My Life
 Now in a hotel in Brisbane,Australia.
It's warm and the weather is fine.
e0064457_21222455.jpg

[PR]
by carnotaurin | 2011-11-15 21:22 | My Life
 まもなく飛び立ちます。
 みなさん、お元気で。
[PR]
by carnotaurin | 2011-11-14 20:20 | My Life
 今日は午前中、ぞうさんの歯の勉強と準備(使える本象牙を選び出して、線引き)で終わりました。
 ゾウのmolar臼歯についても詳しく知らなかったので、それについて勉強するだけでも大変でしたが、かなりわかってきました。今では、歯を見ただけでおよそのゾウの種類の見当はつきますぞ。(←大げさな!)

 さて、今日は実家に墓参で戻ってきました。

 私の姉、享年7歳。昭和40年10月30日没。私が4歳のときでした。
 何十年たっても、私の中ではあの当時のままの姉。
 以前にも書きましたが、いろいろな姉との場面が思い出されます。

 墓は実家近くの雑木林に囲まれた小高い山の上。
10年ほど前、頂上の墓周辺の雑木林が伐採されて、今は日の光が当たります。
子どもの頃は、このうっそうとした木立の中の墓場に、何かしら感じていたものです。

 我が家の墓の一番奥右にある姉の小さな墓石は、少し左に傾いていました。
今度来るときには直さなくては。
 墓石も少し汚れていたので、私は手で水をかけながらこすりました。
 すると、連れて行った娘らも、自ら手を出してこすり始めました。

 母も娘に話しかけていました。
 特に母にとっては、母の人生で一番幸せで、一番つらいあのころだったと思います。
 何十年たっても、元気に遊び、手伝い、甘えた姿、
 病院で横たわり、「わたし、死ぬの?」と話しかけた姉の姿は、
母の娘として永遠に存在し続けます。

 きれいな晴れ着を着て陽の光に眩しそうに少しうつむいた姉の遺影には、
その背景に、 今も庭先に咲くたくさんのコスモスが写っています。

e0064457_23135730.jpg
e0064457_2314168.jpg

[PR]
by carnotaurin | 2011-10-30 23:09 | My Life
研究大会参加で昨日より長野市内に来ています。
昨日は木枯らしで寒風冷たい信濃路でした。北側に見える山々は冠雪。
今日はおだやかな秋の一日でしたが、
朝からずっとホールの中でした。
明日の研究会を終えて、夜には大阪に戻ります。
[PR]
by carnotaurin | 2011-10-27 18:46 | My Life
 土曜日の夜、九州熊本から帰還しました。
 新大阪に夕方5時過ぎに戻り、解散式のあと職場に。
 ひと仕事片づけて、8時前には帰宅。
 翌、日曜日、朝から夜7時まで職場で仕事。
 そして今日は海の日で休み。彫るぜ。

 さてさて、簡単に報告。
 初めての熊本・天草でした。
 ずばり、いいところでしたよ。

 天気には恵まれ、青い空と海が広がり、その間には緑の島々。

 御所浦島では島の東部・水俣市が不知火の海をはさんで対岸に見える烏帽子という小さな漁村に滞在。島の東側は急斜面で、浜は石ころだらけですが、何とこれのほとんどに貝化石が見られます。 この写真の一番奥まで歩きましたが、一番奥は採石場で大きな地層が露出しており、恐竜化石も産出しています。浜ではこんな化石がぽろぽろ。
e0064457_5411882.jpg

e0064457_5385064.jpg
e0064457_539537.jpg
ハンマー持って一日中散策したいところです。
 
 島の玄関、西側の御所浦港には恐竜モニュメントがあります。
e0064457_5394219.jpg

e0064457_540572.jpg

歩いて1分のところには、御所浦白亜紀資料館。3階建ての小さな博物館ですが、資料は結構充実しています。
e0064457_5402840.jpg
e0064457_5403978.jpg


島に残ってずっと化石探しをしたいところでしたが、何しろ仕事。プライベートな時間はゼロ。

 3日目には天草本渡に移動。今度はホテルアレグリアとかに一泊。
 そこからは北側に海を挟んで島原半島、雲仙普賢岳が望めました。
e0064457_5414060.jpg

 最終日は島伝いにバスで移動し、熊本市内へ。
 熊本城の敷地の大きさに驚きました。私はプチ城ファンです。
 ここもゆっくりと散策したいところでした。特に、宮本武蔵の足跡を散策したかったのですが、プライベートではないので残念。

e0064457_542152.jpg

 とうことで、仕事ではなく、自分の目的を持って訪れたいところでした。

 さて、この土曜日から、佐賀県立宇宙科学館では恐竜展Ⅱが始まっています。
 目玉はスタンの全身骨格。「いや、スタンの全身骨格は知ってる!」って人も多いでしょうが、今回は特別なんですよ。恐竜くんことアルバータ大学で恐竜を学んできた田中真士さんが、BHIとの連携で、腹肋や叉骨もつけた全身を、今まさに飛びかかろうという姿勢で組み立てたものなので、ここで初公開なのです。私のちっぽけな作品も、その近くにいるはずです。
 今回の出張の帰りに、すぎにも立ち寄りたかったのですが、残念。
 今月末頃から再び九州入りです。

 台風が接近中ですが、今日は彫ります!
[PR]
by carnotaurin | 2011-07-18 05:42 | My Life

 今朝、これから出張。
 土曜日の夕方に戻るまで、熊本県天草市御所浦に滞在です。
 御所浦と言えば、マイミクのふらぎさんが昨年は展示会をやっていらっしゃいました。
 そう、ここも恐竜の化石が出るんですね。白亜紀の堆積層が露出しているようです。肉食恐竜の歯やプロバクトロサウルスのような植物食恐竜の足跡やスネの骨化石などが出ているようです。
 ちょうど化石発掘体験も入っているので、一丁、世紀の発見をしてきましょう!

 暑そうです。でも、初めての地というのは、わくわくします。
御所浦白亜紀資料館 http://www5.ocn.ne.jp/~g-museum/
天草御所浦ジオパーク http://www.city.amakusa.kumamoto.jp/amakusa-geopark/

天草には、私の好きなイルカ、ハンドウイルカ(バンドウイルカ)=bottlenose dolphin,Tursiops truncatus,
ミナミハンドウイルカ(ミナミバンドウイルカ)もいるらしい!
[PR]
by carnotaurin | 2011-07-13 05:58 | My Life
 亡くなった方々のご冥福をお祈り致しますとともに、
一刻も早く、救助を待つ方々が救われますよう、また、
一日も早く、被災者の皆様が当たり前の生活が出来るように、お祈り致します。

 親戚は仙台市若林区上飯田で小児科医院を開業していますが、浜からは5㎞ほどあり、
無事避難していました。また、医院兼住宅も、何とか大きな被災は免れたようです。

 また、石巻には友だちの先生がいます。状況は不明です。

 これからです。

 
[PR]
by carnotaurin | 2011-03-13 22:00 | My Life
 2011年 平成23年を迎えることが出来ました。
 新年明けましておめでとうございます。

 停まることなく流れる時の中で、一つの節目となる年の変わり目。
 みんながこの変わり目を意識することにより、この日がより一層価値あるものに思えてきます。

 大晦日昼前に家を出て、実家に。
 この日は大雪が心配されていました。家を出る頃には大阪でも雪が降り始め、亀岡にいたる頃にはしっかりと着雪。篠山あたりまでは真っ白い道でした。
 実家に着くと、ほとんど雪は溶けていました。父母は健在。ありがたいことです。
仏壇の先祖や姉にご挨拶。

e0064457_21581237.jpg
 ほどなく弟家族も合流。にぎやかになりましたが、あまりにぎやかだと父母が疲れるので、ほどほどに…

 郷里:岡山県津山市は大阪よりはるかに寒く感じられました。
 大晦日も日が沈むと、ちらほらと雪が舞い始め、気温も一気に下がり始めました。
 大晦日の夜は、今年もみんなで集まっての食事ができました。弟は調理師の経験があるので、ブリを裁いたり、おかずを作ったりと、いつもやってくれます。ありがたいことです。私は座っているだけです。

 さて、除夜の鐘がなる頃には、地元の神社に初詣に行くのが恒例ですが、
あまりの寒さに、その気も失せてきました。
 でも、半ズボンで頑張っている娘が「絶対に行く」というので、意を決して出かけました。

 やはり寒い。神社の階段を上り詰めたときに、年が明けました。
 境内では、長女の同級生が今年も巫女をやっておりました。
e0064457_21583617.jpg

 翌朝は、日が昇る前に起き出して、家の前に。積雪はほとんどありませんでしたが、凍てつく元旦でした。
 
e0064457_21585447.jpg
e0064457_2159169.jpg
e0064457_21591071.jpg

 富士山のご来光もありがたいのでしょうが、私は郷里で迎えるこの朝の方が尊いです。
 餅をいただき、工具とシャチの背骨を持って行っていたので、朝陽を浴びながら初彫り。
 
 昼には、夕べ食べ損ねたそばをいただき、午後三時前には別れを告げて出発。
 折しも大きな牡丹雪が舞い始め、大雪警報。
 高速道路では凍結防止剤散布の作業車が出動し、かなりの区間を時速50キロ以下での走行になりました。通常3時間の行程が、4時間かかってしまいました。

 ちょっと鼻風邪引いたかな。

 さて、何しろ今日は元日。
 皆様のご健康とますますのご発展をお祈り致しております。
[PR]
by carnotaurin | 2011-01-01 22:00 | My Life