ブログトップ

タブリンの窓

carnotabur.exblog.jp

タブリンの木製恐竜骨格模型 制作記録 & 戯れ言 http://taburin.jimdo.com/ taburinあっとkfx.biglobe.ne.jp

<   2006年 12月 ( 18 )   > この月の画像一覧

 数日間、郷里の岡山県津山市に帰省致します。
 何かこれから雪が降りそうですが、まあ、気をつけて帰ります。
 
 今年一年、皆様にはお世話になりました。いろいろなところで支えて頂きましたこと、
厚く熱く御礼申し上げます。

 皆様にとりましても来年が益々良い年になりますよう祈念致しております。
e0064457_11202672.jpg


 あ、これはGorgosaurusの頭です。作業場での制作活動ができないので、文献を読んだり図面を描いたりの冬です。
[PR]
by carnotaurin | 2006-12-28 11:21 | 恐竜
くどい!って言われそうですが、再びスピノサウルス頭部の描きかえです。今度は、記録として残っている下顎全部を完全トレースして、下顎の全体像、そして頭骨を再現しました。すると、今までのは長すぎたことが分かりました。はてさて、今度はどうかな?  って言っても、どなたも突っ込みを入れてくださらないので、少ししょげているタブリンでした(笑)だれかコメント下さ~い!

e0064457_2210967.jpg

[PR]
by carnotaurin | 2006-12-26 15:09 | 恐竜
世間は、いや家族もクリスマスだと騒いでおいでですが、私は「うるへぇ、灌仏会も祝わない連中が騒ぐでない!!」というタイプの人間なので、おとなしくしています(笑)

 どんな感じになるのかな?と気になったので、スピノサウルスの図面を描いてみました。図は80㎝ほどですから、制作するとすればこの2倍サイズです。B4の紙を9枚張り合わせて、鉛筆(シャーペン)で描いています。
 今までと違って、SuchomimusやBaryonyxなどの画像を参考にしての図面興し。前に書いた「頭が175㎝で全長が17m」という数値にこだわると、とてもアンバランスになることもわかりました。
 その後でメーリングリスト(Archives of the DINOSAUR Mailing List, housed at The Cleveland Museum of Natural History  )のやりとりなんかも読んでますと、情報が交錯してますますわからなくなりますが、どなた様もこの正体不明の恐竜に悩んでいらっしゃいます。とにかくしっかりした骨が出ないことには、わからないのです。
 ただ、頭はもう少し違うように思います。ですから№6を描かなくてはなりません。
 
[PR]
by carnotaurin | 2006-12-26 04:40 | 恐竜
 職場の忘年会で、今頃もどってきました。

 さて、私のティランノサウルスの話ですが、11月下旬、ある作家のお勧めで東急ハンズのハンズ大賞に応募しました。ギリギリのエントリーでしたが、第一次審査の約200点に残りました。
 ご存じの通り、ハンズ大賞は、実際のところ私のティランノちゃんのようなジャンルの作品が出るところではありません。いずれも独創性に富んだhand-made作品が並ぶところなのです。なにやら「場違い」ではありますが、一次審査で残してくださった審査員の方々の包容力の大きさに感謝します。
 1月にティランノちゃんは箱に入って東京まで送られ、誰かの手によって組み立てられ、二次審査に臨みます。(ちょっと触られるのが心配!)それでもし二次審査を通過すれば、3月30日~4月1日のBunkamura ザ・ミュージアム(渋谷・東急本店横)での作品展に臨むことになります。関東の皆様、ご期待下さい?(大笑)
[PR]
by carnotaurin | 2006-12-23 00:36 | 恐竜
 もう少し鼻周りに気をつけて描いてみました。下顎の構造もこんなところかなと思います。前のよりもやや華奢です。鉛筆で30分。
動物としての自然さ、というものがあると思います。しかし、私の場合は今まで見てきたものの最大公約数的な姿が「自然さ」として創り上げられているように思います。それが不安です。「ここはこうじゃないのかな?」というようなみなさまのご意見を下さい。
e0064457_16462422.jpg

[PR]
by carnotaurin | 2006-12-22 16:46 | 恐竜
 残された資料の一部=下顎の画像から下顎の全体長を判断し、頭骨の長さや規模も推測し直して、再三の訂正。
 ややごつい感じだけど、こんなところかも知れない。鶏冠はどうなんだろう…

 鉛筆のみ10分。
e0064457_16451118.jpg

[PR]
by carnotaurin | 2006-12-22 00:15 | 恐竜
 かれこれ20年以上前のインドネシア滞在中に、動物園で見ました、コモドオオトカゲ。
 ニュース によると、英国の動物園でコモドオオトカゲの雌が、雄との交尾なしで正常な卵を産み、そのいくつかは孵化したとのこと。

 …つうことは、遺伝子はそのまま母型を引き継いでいるということでしょうか。父母両方の形質を引き継ぐことのメリットを得られないで母単独の形質… 
 周囲に雄がいない場合には、種の保存のためにも自動的に遺伝子がそのまま複製された、あるいは何らかの特異な遺伝子の複製メカニズムをもって卵が形成されて、それが孵化するってことがあるわけなんでしょうか。

 …つうことは恐竜にもそういった単為生殖が起こって、本来なら父型母型の遺伝子を受け継ぐことにより、両者の特長を受け継いで、たとえば自然環境のわずかな変化に対応したりすることができたのに、それができなくなって絶滅が促進された…なんて。

 これが人類に起こったら不気味です。
[PR]
by carnotaurin | 2006-12-21 22:20 | いきもの
e0064457_22576.jpg
 昨日の反省をもとに、少し改訂しました。 (バックに合わせてネガです!)
 鼻面を少し細くして、鶏冠はほかの類縁に近い形にしました。今度はいかがでしょう?
 また、下の図は上からの図です。勿論、詳細に描かれたスピノサウルスの公開頭骨画像は、世界で唯一これだけでしょう!?
 この2面があればまずは何とかなりますが…。
[PR]
by carnotaurin | 2006-12-20 22:11 | 恐竜
 仕方がないので、晩飯前のひととき、取りあえずタブリン・オリジナルのスピノサウルス・エジプティアクスを描いてみました。(HBの鉛筆1本)
 描くに当たっては、セレノ博士のスコミムス・テネレンシス、バリオニクスを参考にしました。どうですか?やっぱり鶏冠をつけてしまいましたが…。もっと華奢な方がいいかな。
 スコミムスなどに比べて鼻孔の位置も後ろで小さい…。
 前頭骨の鶏冠はやっぱりくさい気もします。ディロフォサウルスの親戚として、涙骨を高くした方がいいのかも知れない。
もしかして、スコミムスはスピノサウルスのメスだったりして。シカゴ大学に発見されたスコミムスはまだ亜成体だったはず。改めて発表されている両者の発見部位を比較してみると、どうもスコミムスはスピノサウルスのメスの亜成体に思えて仕方なくなってきた。
e0064457_22324696.jpg

[PR]
by carnotaurin | 2006-12-19 21:39 | 恐竜
 昨日、荒木さんの恐竜模型実演を拝見した際に、ちらっと話題になった話から。
 スピノサウルスというのがいます。北アフリカで戦前に発見され、ドイツに保管されていましたが、イギリスのミュンヘン空爆で灰燼と帰したため、それは現存しないという謎の恐竜です。映画JPⅢでは主役をとっていた巨大恐竜ですが、このスピノの復元にあたってはあまりに資料が少なすぎます。
 近縁とされるバリオニクス、スコミムス、イリテーターなどと比べてやや異なった復元が想像されます。

 いずれにせよ、新たなスピノの完全に近い骨格あるいは頭骨は発見されていない筈なんですが、みなさん、スピノに関する何らかの資料をお持ちでしたらご紹介頂けませんでしょうか。私もある程度の資料を持ってはいるのですが、まだまだ納得できません。納得できないと骨は作れません。はい、次回の大きいのには是非スピノサウルスをと願っています。
[PR]
by carnotaurin | 2006-12-18 19:20 | 恐竜