ブログトップ

タブリンの窓

carnotabur.exblog.jp

タブリンの木製恐竜骨格模型 制作記録 & 戯れ言 http://taburin.jimdo.com/ taburinあっとkfx.biglobe.ne.jp

<   2007年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧

 昨日、出勤のために山裾の駐車場に向かうとき、ウグイスのさえずりを聞きました。
 今朝はもっと美しい声で啼いています。
 あたたかい春を象徴するかのような声は、梅の花を際だたせます。

 この時間まだ家にいるのは、今日の仕事は家の近くから出発するためです。普通は7:00には車に乗っていて、7:20には職場に着いています。朝は早めが好きです。そんな性格です。
[PR]
by carnotaurin | 2007-02-28 07:40 | いきもの
 今日は帰ったとたんに久々の雨。よって彫る作業はできませんでした。そこで、脚も完成しないままに、肋骨に入りました。
 
 肋骨は緩やかなカーブを三次元的に描いています。腹側には肋軟骨を介して胸骨につながります。
 形を得る際に、昔はフォームポリスチレンなどをかまぼこ型に削って、それをスライスした形から一本一本の肋骨の形状をつかんでいたのですが、今回も前作のティランノサウルス同様、アルミ棒で全体の形をつくりました。
 スピノサウルスの胸郭は、ティランノサウルスに比較すると、けっこう扁平であると思われます。また、前にも書きましたが、肋骨頭と背骨は2点で接するのですが、その間隔は狭くなっています。あまり頑丈であるようには見えません。

 画像では、Metal-ribsにくわえて、図面からの腹肋骨や胸骨、ついでに頚肋骨も合成してみました。
e0064457_20525768.jpg

[PR]
by carnotaurin | 2007-02-27 20:53 | 恐竜

 今日、といっても日付が変わってしまったけど、息子の付き添いで大阪YMCAに行ったときの話です。

 とにかく、大阪の町には詳しくないんです。どこにどんな町があって、鉄道がどう走っているってのがほとんど頭の中に無いんですね。東京ならほとんど分かってるんですが、大阪はまだなんです。
 だけど便利なモンで、いく前にはネットで地図を検索して、きちんと調べました。こうして情報が積もっていってくれることを祈ります。基本的に方向感覚はいい方だと自分では思っています。

 高槻から大阪駅までJRで250円。一方、距離にして1㎞もないくらいの西梅田から肥後橋まで地下鉄が200円というのは高かった!
 その肥後橋駅から西へ歩くこと5分ほど。まずは腹ごしらえをしたあと、息子を会場の大阪YMCAに置いて、下に降りてくると、その息子から電話。
「おとうさん、筆記用具忘れた」
「…あほか、お前は!」
 とにかく緊張感が感じられない息子なんです。なんでここまでのんびりしていられるだろう…。仕方がないんで私のペンを持っていきました。本当に性格的にはうちの子達と私はほとんど似ていません。
 私の上着にはごちゃごちゃいろんなものが入っています。ペンも数本、運転免許証、裸銭、メモ用紙、文庫本、ハンカチ、方位磁針、デジカメ、どっかの飲食店で使わずにポケットに収まった袋入りのお手ふき、彫りかけの恐竜の頭、捨て損ねたゴミ……あとは書くことがはばかれるような品々…。
 話を戻します。それで再び下に降りて、すぐ近くの大阪市立科学館という施設に向かいました。

 この施設が大阪市立自然博物館でないことは知ってましたが、まあ、恐竜の1体くらいはあるんじゃないかと。でも、ロビーをうろついてみると無さそうなので、館内の土産物屋に寄ってみました。
ここにも恐竜関係といえるほどのものはありません。天文にも興味があるのですが、今は恐竜なんです。
 ふと見ると、本棚に有名な科学雑誌の恐竜特集冊子がありました。「はにゃ?これは見たかな?」 プライスは1500円…。
 見本を手にとって開くと、想像以上!愕然とするイラストのオンパレード。酷さを越えて滑稽さ、ペーソスさえ感じられます。記述も何ら面白いことは無い…。
 昔から、この雑誌の、特に恐竜関係イラストの酷さは有名なはずですが、まだ存在していたのです。名のある雑誌があんな状態では、発行する会社に大いなる責任があると私は個人的に思います。
 結局何も買わずに外へ。

 息子は面接だけなので、ほどなく出てきました。
 まっすぐ高槻に帰り、私は家で恐竜を彫りに、息子は友だちと待ち合わせて天神様のお祭りに行ったのでした。

 さて、月曜日、仕事から帰って、大腿骨の作り直しをしました。大腿骨の骨頭の形状に不満があり、修正不可能なために作り直したのです。明日はそれを整形していくつもりです。
[PR]
by carnotaurin | 2007-02-27 00:48 | My Life
 昨日土曜日はずいぶんと気温が下がり、午後の作業は足下だけじゃなく全身まんべんなく冷えていくのがわかりました。それでも、腰部と大腿骨・脛骨・腓骨、中足骨を手掛けました。
e0064457_9423917.jpg

 主な部位の長さは自分の描いた図面通りなのですが、やはり体長160㎝(16mの1/10)ほどにもなると、脚がデカイです!隣に18㎝(180cmの1/10)の人体骨格を置くと、骨量の多さが比較になりません。
やっぱり、脚はもう少し短いのかなぁ…

 さて、本日土曜日は再び長男の英検につきあいます。護送のようなもんです。2級の一次が受かったんで、今日はその二次試験です。
 昼からで、場所は大阪YMCA国際専門学校。梅田の南方向1㎞ほどかな、西区土佐堀で、最寄りの駅は肥後橋。私にも初めての場所です。 だから付き添いです。

 英語は聞き取れてしゃべれる息子ですが、根本的な表現力ってのが私から見ると足りません。一次の読解分野も結果は良くはなかったです。彼が読むのはHarry Potterくらいなので、もう少し本を読まなきゃなりません。

 私ほど無口ではないのでしょうが、べらべらしゃべりまくる人間ではありません。(おしゃべりな人間は、外国に住んでもとにかくしゃべりたいので、外国語の習得も結構早いんですよね。とにかくコミュニケーションを試みる人間は、曲がりなりにもなんとか習得していきます。)

 根本となる思考力は言語で構築される部分があると思いますが、その辺が彼の頭の中ではどうなっているのか、生い立ちを振り返ると?ばかりです。

 しかし、何はともあれ、ある一つの家運を背負った今回の英検2級。何とか合格を!
[PR]
by carnotaurin | 2007-02-25 09:30 | My Life
仙椎と腸骨ブロックに、座骨・恥骨を取り付けました。

 この腸骨の幅は、足の筋肉の幅とも関係します。ややこれは太く(前後幅があるように)見えます。あとで修正するかも知れません。
 また、恥骨の先端は、腹部の一番下の位置になります。主な内臓はこれより前におさまっています。また恥骨には脚を前に引く筋肉も付着します。
 一方、後ろ下方向に張り出した座骨は、排泄孔や排卵管を導きます。また、脚を後ろに引く筋肉も付着します。
 そして、中央の穴には大腿骨頭がおさまります。

 ところで、座骨の先端までと大腿骨の最先端部は、ほぼ同じ位置にくるはずです。そうでないと、しゃがんだりした場合に恥骨がつっかえて、非常に中途半端な「おすわり」の姿勢になってしまいます。

 今回の場合は、オリジナル図面によるものですから、いずれのサイズも不確かです。しかし、前述のようなことを考えながら作っています。
e0064457_2215145.jpg

 次男坊に持たせて、頭のついた腰までの背骨の様子です。
[PR]
by carnotaurin | 2007-02-23 22:02 | 恐竜
 いよいよ仙骨と腸骨のかたまりを背骨につなぐときが来ました!
 でもちょっと微調整が必要でしたので、明日までおあずけ!
e0064457_22302757.jpg

壁のカレンダーは内尾和正さんの妖竜カレンダー。
e0064457_22295928.jpg


 どうです?シルエットのスピノサウルス。
 
 やっぱり肋骨がついていないとみすぼらしいですね。
[PR]
by carnotaurin | 2007-02-22 22:30 | 恐竜
 今日もまた穏やかな一日でした。
 腸骨を仙椎ブロックに取り付ける作業と、背骨の固定。
 
 腸骨は、特に仙骨との接合面や腸骨の裏側、接合した後に手を入れることが出来ない部分を整形、ほぼ完全にぴたっと合うようにして、どうしても隙間が出来る部分は木屑のパテで埋めました。
 画像、まだ表面の加工は終わっていません。
e0064457_23405024.jpg

e0064457_23411258.jpg

e0064457_23414418.jpg

 続いて、こたつに入ってからは背骨の固定作業。
 何しろ、今回の背中の帆(神経棘)は長~い。だから安定性に欠けるのです。それを調整しながら一直線に並べて、ボンドで関節部分を固定していきました。
e0064457_2342813.jpg

 ただ、首の骨だけは可動となるようにボンドでは固定していません。ucchieyさんのカレンダーの横にぶら下げて、乾かしています。


 次は、この腰回りと背骨を合体させます。尾は取り外し可能にする予定です。(片づけたり組み立てたりが容易なように)
 さらに、腰に背骨がつけば、肋骨にも手を出すことが出来ます。

 この時点で気になっているのは、腸骨の長さ。スピノサウルス類はそれほど腰骨には長さがないような感じです。今の状態では長く感じます。でも、5つの仙骨の長さをもとにすると、これくらいなんですよねぇ……
[PR]
by carnotaurin | 2007-02-21 23:42 | 恐竜
 高校合格した長男がいよいよ携帯電話を持つことになり、私も3年使った機械を新しくすることにしました。
 今までの携帯番号では息子につながりますのでご注意を。

 新しい番号は、明日まで下記の通り開示します。
  電話   
  携帯メール 

ご了解下さい。

ということで削除しました。ご入り用の方は「管理人だけに見える」書き込みでお知らせ下されば、ご連絡致します。有り難うございました。
[PR]
by carnotaurin | 2007-02-20 23:23 | My Life
 割と穏やかな一日でした。結構、制作の時間のとれました。
 背骨にはもう少し細かい彫りを入れました。ほぼ完成です。
e0064457_2246442.jpg

 今日のメインは腰回り。
 実際の腰の内部(腸骨と仙椎の関節状態)はわかりませんが、今までの経験をもとにやります。
e0064457_2244521.jpg

e0064457_2245109.jpg

 腸骨は大きな塊からくり出すのでなかなか大変でした。

 この後、取り付け後には触れない内側を整形し、仙骨と合体させます。椎骨と骨盤の微妙な角度調整も大切です。接合には、制作時に出る木屑に木工用ボンドを混ぜて練ったものを使います。これが十分な強度になるのには3日以上かかります。
[PR]
by carnotaurin | 2007-02-19 22:46 | 恐竜
 昨日は職場の打ち上げで遅くなり、おまけに紹興酒などを飲んだので気持ちよく寝てしまいました。いえ、お酒なんかは年に数回、そういう機会にしか飲みませんよ。雨降ってましたからいずれにせよできなかったわけですけど。

 さて、朝はやはり寒かったのですが、背骨の作り直しをしました。ほぼ画像のように仕上がりました。 (まだ関節状態や表面に手入れが必要です)
e0064457_22265135.jpg

e0064457_22272190.jpg

e0064457_22274752.jpg

 この後は仙椎と腸骨・恥骨・座骨の腰部、続いてしっぽと脚部を同時進行になるでしょう。気が向いたら肋骨を先に始めるかも知れません。
 明日は月曜ですが、代休で休みです。ふっふっふ!
[PR]
by carnotaurin | 2007-02-18 22:27 | 恐竜