ブログトップ

タブリンの窓

carnotabur.exblog.jp

タブリンの木製恐竜骨格模型 制作記録 & 戯れ言 http://taburin.jimdo.com/ taburinあっとkfx.biglobe.ne.jp

<   2007年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧


 仕事から帰って、暗くなってましたが明かりをつけて頭骨の整形。昨日のパテは完全に乾きました。
 まずは外面の整形。
 化石、というよりも骨らしく…。ご存じの通り、骨の内側はスポンジ状で、部位によって様々な方向からかかってくる圧力をうまく分散する仕組みになっています。それらを考えながら、骨の「仮想のすじ」が流れる方向を考えながら整形していきます。
e0064457_21531873.jpg

e0064457_21533247.jpg

 だいぶ仕上がりました。
 でも、前顎骨は気になります。くわえて、一部彫りすぎてしまったし…。前顎だけ入れ替えるかなぁ……
[PR]
by carnotaurin | 2007-05-28 21:53 | 恐竜
 地方によっては35度を超えた一日だったようですが、ここは結構涼しい一日でした。
 午後も晴れてたけど風がびゅーびゅー吹きだして、作業してたら資料のコピーは飛んでいくわ、ホコリは舞い上がるわで、大変な一日でした。
 頭を分解したのですが、その部分骨まで吹き飛ばされました!
e0064457_2146578.jpg

 思ったより手こずりました。縫合線を彫るのにいつも使っていた一番小さいルータービットが折れてて、近くの店では入手できません。それでちょっと大きめので切断していったら、縫合線がやたらと広がってしまいました(泣) 
 ですから、最小単位に分解するのはやめて、画像のところまでの分解にしました。
 しか~し、ここで重大な欠陥を発見。前顎骨(頭の最先端)に斜めのひび割れが入っていたのです!!
 ケチって材の端っこの方を使ったので、ブロックの段階では分からなかったのですが、細かくして圧がゆるんだところでひびが入ったようです。 ど~しよ~ 
 まあ、取りあえずここまで進めたので、できるだけ気にしないでこの頭は完成させたいと思っています。
 
 夜には組み立てました。
e0064457_21465479.jpg

縫合線が目立つので、いつものパテ(おがくずに木工用ボンドを混ぜたモノ)を縫合の隙間に埋めてからの接着です。でも、部分的にやっぱり目立ちます。もっと細いので彫らないとだめなようです。

e0064457_2147765.jpg

[PR]
by carnotaurin | 2007-05-27 21:45 | 恐竜

もうちょっと彫ったところ
e0064457_1322268.jpg

裏面の状態
e0064457_1324369.jpg

下顎にあたりをつける
e0064457_133859.jpg


 さて、分割ですが、下顎については分割方法が割と簡単。片方について6つに分解です。
 頭骨については、まだ思案中です。20くらいになるかも知れません。
歯を入れたら、頭だけで80パーツ以上?!
[PR]
by carnotaurin | 2007-05-26 23:50 | 恐竜
 いい天気でした。
 午前中は娘たちの学校に土曜参観。同業なのでコメントは控えます。

 さて、いい天気の中、ゴルゴとティランノを進めました。
 ティランノについては、木材のあまりいい部位を使っていないので、イマイチの感じですが、形はだいぶ仕上がってきました。
 外から彫れるところも彫りつくしたので、このあとは分解です。
 そうそう、下顎もくり抜きました。これまた力仕事でした。

作業前のティランノ
e0064457_1295852.jpg

ちょっとつついて、下顎をおいてみたところ
e0064457_1302672.jpg

右側面の今のところの状態

e0064457_1304645.jpg

[PR]
by carnotaurin | 2007-05-26 23:37 | 恐竜
 仕事からの帰りが遅くなるけど、それでも天気がいいから少し進めました。
 
 だいぶ形ができあがってきました。
e0064457_1231947.jpg

 ひたすら内へ内へと彫っていきます。勿論、別途内部構造について改めて資料にあたり、十分に検討しての上です。今回は脳函の構造についてもできるだけ細かい再現をしたいと願っています。
[PR]
by carnotaurin | 2007-05-22 21:44 | 恐竜
 さらに細かく彫り込んでいきます。
 今回の木材もトチですが、芯に近い部位で、木目の扱いが非常に困難で、やたらと逆目がでます。また、赤身でやりたかったのですが、今回の部材にはわずかにしか赤身が無かったのが残念です。また、色合いも青みがかった部分(一種のカビ?)があり、決して最良の部材ではありませんが、ケチなタブリンには仕方ありません。
e0064457_1212314.jpg


 このあと、全体的に細かく彫り込んでいきます。昼間はルーター、夜は彫刻刀とナイフで進めます。
[PR]
by carnotaurin | 2007-05-20 21:20 | 恐竜

 続いて、ベルトサンダーで大まかに角を落としていきます。
e0064457_1192136.jpg

 ここで、改めてあたりをつけます。
e0064457_1193879.jpg

 それから、ルーターに超硬の荒歯をつけて、さらに形作っていきます。
となりにゴルゴの頭骨をおきました。同縮尺(1/10)ですが、こんなにも違います。
e0064457_1195729.jpg

[PR]
by carnotaurin | 2007-05-20 21:19 | 恐竜
 私というのは、全く一貫性が無く、優柔不断であります。
 何を思ったか、ティランノに手を出し始めてしまいました。

 昨日の頭骨図面、先日購入した木片、いやブロックがいけなかったんです。始まってしまいました。(でも、やめるかも知れません。)

 まず、ブロックを硬木用のノコで切断。これは腕がぱんぱんになる作業でした。それに頭のシルエットを転写します。この大きさになれば私のバンドソーでもカットできます。そこで余計な角をスライスします。

ブロックをノコでカットしたあと、さらに細かくカットしているところ。
e0064457_1172060.jpg

バンドソーで余計な部分を切除しているところ。
e0064457_1174249.jpg

そのあと。

e0064457_118038.jpg

[PR]
by carnotaurin | 2007-05-20 21:16 | 恐竜
 長男がこの春から高校に通い始めています。ちょっと遠いところなので、というか、近隣であの成績で入れる高校が無く、そこしか行けるところが無かったから、なんですが、毎朝早く、ちゃんと通えるか心配でしたが、今のところ欠席も遅刻もないようです。

 その長男が、昨日帰って来るなり、
「お父さん、good newsがあるで!」
 滅多にないgood news? 何かと思えば、入学直後に行われた試験の結果が帰ってきたとのこと。なになに?
 英語は100点満点で学年1位! 偏差値は90何点。(俺、取ったこと無い!)
「すごいじゃん!」
 国語と数学は満足できる結果ではありませんでしたが、英語のおかげで総合的には好成績だったといえるでしょう。だから取りあえず褒めました。その上で、国語・数学をしっかりとやるように言いました。
 学習方法については職業柄さまざまな発見もあり、かなり詳しい私ですが、自分の子にはそれを伝授することはできなかったことが一生の後悔です…。

 「鶏頭となるも牛後となるなかれ」…そんな言葉が浮かんできました。
決して私の望むように育ってくれた子ではありません。
でも、何かに秀でて、それで自信が持てるなら、あの息子にはいいんじゃないかと…。
[PR]
by carnotaurin | 2007-05-20 11:12 | My Life
またあえてティラノサウルスではなくてティランノサウルスと表記しますが、やっぱり永遠のモチーフですねぇ。
 先頃入手した木材で、何を?と常々考えているのですが、雷竜ではあとアパトかカマラくらいしかなく、今ひとつ気力が湧きません。Mapusaurusとかいう最近発表されたでかいヤツもギガノトと同じで今ひとつ魅力に欠けます。
 それで、やっぱりティランノなんですねぇ。

 スタンもスーも美しいのですが、40年前にモンタナ州で発見されて、最近新たにクリーニングされて発表されたMOR008(the Museum of the Rockies at Montana State University in Bozemanで展示中)はかなりいい状態で、これまた魅力あります。スーの頭よりわずかにでかいんですね。

 それで、やっぱりまたティランノサウルスかなぁ、と思いながら、MOR008を参考にちょっと描いてみました。
e0064457_111111.jpg

[PR]
by carnotaurin | 2007-05-19 22:12 | 恐竜