ブログトップ

タブリンの窓

carnotabur.exblog.jp

タブリンの木製恐竜骨格模型 制作記録 & 戯れ言 http://taburin.jimdo.com/ taburinあっとkfx.biglobe.ne.jp

<   2008年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

 仕事で、朝から昼まで登山でした。(どういう仕事やねん?)

 目指すは大阪府と京都府の境にあるポンポン山678.9m。
山頂でジャンプするとポンポンと音がするから、とのことだが、真偽のほどは。
確かに石灰岩質の山なので、地下に空洞があるのかも知れません。そうだったら陥没しそう!
e0064457_19141383.jpg

 さて、もう3月が目前ですが、ここでは珍しく残雪が多く、吹きだまりには50㎝以上の雪がつもったままでした。
e0064457_1913313.jpg

 ところどころにイノシシやシカ、小動物の足跡が見られます。

 画像はある場所に群生している保護植物「フクジュソウ(福寿草)」。斜面は雪に覆われているため、案内の人に教えていただいて、木の根本に一つだけ見つけました。
 灯りをともしたような見事な花でした。
e0064457_1912381.jpg


 さて、山頂まで100mというところで時間切れで、別ルートで下山しました。
 幸い尻餅をつくこともなく、無事に下山できたのでした。
 明日は足腰が痛いかな。
[PR]
by carnotaurin | 2008-02-29 19:14 | My Life
まだティランノちゃんのしっぽの先っちょが完成してはいないのですが、次回作のことを考えています。

丹波竜つまりティタノサウルス類か、最近のニジェールサウルスといった首の長い連中。
それともエドモントサウルス、ランベオサウルスといったハドロサウルス。
あるいは長年保留してあるサイカニア…。
途中までで間に合わなかったディメトロドンやガリミムスをフィニッシュか…。
少し大きめのスミロドンといったほ乳類…。

う~ん、資料のそろい具合から行くと何だろう…
マジュンガもいいし、またカルノタウルスもいい。
アクロカントのリメイクもいいし、アロサウルスもまだ全身はやっていない。
[PR]
by carnotaurin | 2008-02-28 21:45
 今回のティランノサウルス制作に要した時間は、
昨年10月9日に図面を書き始めていますから、完成を2月末として約5ヶ月もかかってしまいました。

Janeが約2ヶ月、その前のスピノが3ヶ月、ティランノは2ヶ月半、ブラキオでさえ1ヶ月半でしたから、今回がいかに長かったか…。
冬であったことも影響していますので、実際に作業に当てた時間はそれほど長くはないかも知れません。でも、今までの作品が霞むほどの出来映えであると自負しています。(もちろん、現時点最高で、次回にはさらにレベルアップを!とは思うのですが、気力体力が勝負です!)

総部品数は、歯も入れて360個ほどかな?
全長125cm。

今週末、前作のティランノなどと並べて撮影します。
[PR]
by carnotaurin | 2008-02-28 21:45
 雪のため、作業が出来ません。
 仕方がないので、プチ撮影会。
姿勢の検討が終わっていませんが、取りあえず…
e0064457_1292880.jpg
e0064457_1293698.jpg
e0064457_129424.jpg

[PR]
by carnotaurin | 2008-02-24 12:16 | 恐竜
 関東では春一番が吹いたとのこと。こちらは太陽は出たものの冷たい風が一日中吹きました。晴れているのに日中でも息が白くなりました。
 
 そんな中、こまかい部分をいろいろと取り付けました。
 足の指1番と5番、腕と指そして叉骨です。

 まだ血道弓のさきっぽの方はついていませんが、なんとか形になってきました。
e0064457_21347100.jpg
e0064457_214060.jpg
e0064457_214114.jpg

 しかし、一つまた問題が。
 今回は胴椎はステンレスに通してあるだけで接着していないのですが、そのために、体が前に崩れないように、今もゴムで仙骨から引っ張ってます。対して圧縮がかかる腹側には腹肋があるのですが、これの長さがゴムのあるなし、頭骨のあるなしで1~2㎝くらい差があるのです。要するに、頭が下がると腹がたるみ、頭が上がると腹が伸びるのです。
当たり前のことですが、固定を前提としたこのような模型では、どう固定するかが大きな問題です。はにゃ~
[PR]
by carnotaurin | 2008-02-23 21:04 | 恐竜
 今日は土曜日勤務の代休で、一日作業に当てることが出来ました。
 でも、相変わらず寒いので、実質6時間ほどしか出来ませんでした。

 さて、今日は一気に腹肋。
 腹肋は皮膚の変化した骨だそうで、基本的に他の骨と関節していません。
 左右24対の腹肋を作り、中心部分に銅線を2本通して編み上げました。ちょっと銅線が細すぎたのか、腹がたるんでます。仮止めです。
 一方、肩胛烏口骨には小さな前肢(腕)がつきます。
e0064457_18235882.jpg

e0064457_18241658.jpg

 前にも書きましたが、こまかい部品は指がかじかんでいると出来ません。前肢、足の第Ⅰ・Ⅴ指、先の方の血道弓は、暖かいときにやります。
[PR]
by carnotaurin | 2008-02-18 18:24 | 恐竜
 相変わらず寒い毎日です。ここのところ、あまり積もりはしませんが、毎日雪が降っています。今日も作業中に何度か降られました。

 さて、そんな中でなかなか進まず、今日は血道弓を1番から24番までしっぽに取り付けました。
e0064457_2094521.jpg

[PR]
by carnotaurin | 2008-02-17 20:12 | 恐竜
 実に良い天気でした。気温も上昇、小春日和。
 
 調整の後、頸肋をすべて取り付けました。
e0064457_17443645.jpg

 最初の画像は、準備中で、外にぶら下げたところ。
e0064457_1748449.jpg

 次の画像は取り付けたところ。
 先端は1㎜ほどの細さで、神経を遣いましたが、骨折は一カ所だけで済みました
e0064457_17485989.jpg

 もう一つは尾の下につく血道弓と肩胛・烏口骨。血道弓は最小数㎜なので、これまた神経遣います。
[PR]
by carnotaurin | 2008-02-11 17:49 | 恐竜
 天気は回復しました。

 今日は、頸肋に着手。予め用意していた図面を木に転写。
糸鋸でくりぬいたあと、合計4段階の整形を終えたところで中止。
 天気はよかったのですが、風が強く、小さくて軽い部品が飛んじゃうんです。
e0064457_094670.jpg

 明日は位置を確認しながら、必要に応じて整形して取り付けます。
 でも、毎回、この頸肋は作り直しをしてしまう部位です。よくよく気を付けないと。
e0064457_095979.jpg

 肋骨がついているので、本体は画像のようにして待機しています。
 「脚落ちのティランノ一丁!」
[PR]
by carnotaurin | 2008-02-11 00:10 | 恐竜
 関西は朝から雪。
 しめった重い牡丹雪で、一気に雪化粧でした。
 そんな中、はい、肋骨の整形と取り付けをしました。
e0064457_21544750.jpg

 足先に雪が降り積もるのも気にせず、2時間ほどの作業。

 きれいに取り付けが出来ました。
e0064457_2154188.jpg

e0064457_21542968.jpg

 前肢の部品、血道弓はできていますが、肩帯はまだ。
 頚肋を先に取り付ける方が落ち着きますね。

 明日は頸肋をやろうかな。
 もう雪も終わりでしょう。

 東海・関東以北の方はこれからでしょう。お気を付けて!
 
[PR]
by carnotaurin | 2008-02-09 21:54 | 恐竜