ブログトップ

タブリンの窓

carnotabur.exblog.jp

タブリンの木製恐竜骨格模型 制作記録 & 戯れ言 http://taburin.jimdo.com/ taburinあっとkfx.biglobe.ne.jp

<   2008年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧

 corvoさんや、恐竜情報発信サイトを運営する水上さんの「恐竜の楽園」でも紹介されていますが、
前にも紹介させて頂いた標記の書籍

「恐竜の復元」LIFE RESTORATIONS OF DINOSAURS

  がまもなく発売です。
 みなさん、牛肉を豚肉に換えて、晩酌を二日ほど控えて、是非お手元に!
 ご希望とあらば、サインの一筆くらいは入れさせて頂きます!!
(って、まだサインしたことないんで、どんなサインか考えてな~い!)
 
 冗談はともかく、前評判に劣らず、本評判もいいはずです。
永久保存版!私も3冊購入手続きしましたよん!
[PR]
by carnotaurin | 2008-08-28 01:57 | 恐竜

 学研の編集部から、書店での発売に先駆けて1冊送って下さいました!
有り難うございました。
e0064457_20451277.jpg


 なかなかシックな表紙に手頃なサイズ。全ページカラー!
 ふっふっふ!じっくりと眺めましょう。
 いや、これからほかの人のもしっかりと読ませて頂きます。
 私の作品のは、ちょっと色が薄い感じですが、まぁ、いいでしょう。木肌の感じは出ています。

 みなさん、チャンスがあったらご覧下さい。
 28日には書店に出るようです。
[PR]
by carnotaurin | 2008-08-26 20:45
 家族が無事に帰って来ました!

 飛行機は定刻よりも30分ほど早く着き、スムーズに出てきました。
 下の娘が手ぶらで真っ先に出てきて、飛びついてきました。
 ほどなく、増えた荷物をカートに載せた妻と長女。
 取りあえずは元気そうでよかった。

 そして今。

 妻と下の娘はソファーで眠っています。

 長女は「おなかが空いた。何か作って!」


 Jet Lag。時差ぼけ。

 あちらとこちらは時差が約9時間。それを1ヶ月経てきて、東へ移動して帰ってきたので、時差ぼけの解消に最も時間がかかるパターン。

 家事から解放されるのは、もうしばらく先のこと
[PR]
by carnotaurin | 2008-08-22 15:34 | My Life
 すっかり涼しくなった一日で、汗をほとんどかきませんでした。 

専門家のアドバイスをもとに、「シガラ」というのをやってみました。これがなかなかうまくいかない。
 安く上げようとするもんだから、いつもその辺のホームセンター。
 やっと見つけたそれらしきネットがわずかに1m幅×9m。それを50㎝幅にカットして法面に。
押さえつけるために杭を抜いて打ち直したり、傘釘を打ってみたり…
この手順がなかなかに難しくて…。珍しく長男も自主的に手伝ってくれました。

なんとか見た目は整いました。
水かけ実験もなんとかクリア。
本格的な雨が降らないと、本当の成果は不明です。
e0064457_239878.jpg


さて、あとは残土がジャマで作業続行が不可能。
残りは、明日、妻たちが帰ってきてから。


 そう、一ヶ月もの長期にわたる里帰りを終えて、明日の朝、関空にKLMで帰ってきます。
 日本食を待ちわびている娘たちのために、おにぎりをつくって持っていくかな。
 梨をカットして持っていくかな。

 これで、いくらかの家事から解放されます。
恐竜に着手できるぞ!バンザ~イ
[PR]
by carnotaurin | 2008-08-21 23:09 | My Life
 8月20日は次男の15歳の誕生日。

 外食、それも洋食系ファミレスがいいというので、ROYAL HOSTとかいうファミレスに連れて行きました。
 もちろん、子どもたちをちゃんとしたレストランに連れて行ったことがないので、このようなリクエストになるのでしょうが、ご存じの通り、「いらっしゃいませ、何名様ですか?」で始まるファミレスは、私自身は大嫌いです。
 店に入るなり、30代と思しき、ユニフォームをまとった給餌係さん、いや、給仕係さん、つまりウエイトレスさんが、案の定、決まり文句で始めてくださいました。私はついつい元気良く、
「三人で~す!!!!」と元気良く、はっきりと回答したのでした。

 さて、長男は誕生日に便乗して贅沢なステーキセットを頼みましたが、一番高いやつだったので、ワンランク下げさせました。遠慮の無い奴。
 一方、誕生日の本人は、

「オムレツセットとフレンチフライ」

 欲の無い奴…。
e0064457_2201723.jpg


 野郎ばかりのディナーの後、帰り道で、
私「なんかケーキでも買うか?」
次男「シュークリームがいい(昔の私と同じ)」

もう彼の言うその店はしまっていたので、パン屋に寄ってショートケーキを買いました。パン屋(サンマルク)の阿武山店のお姉さんは明るく優しいひとでした。

 帰ってから、三人でケーキを食べました。


 この次男は、前にも書いたかと思いますが、15年前のマレーシア時代に「自宅で」生まれて、私がキャッチした(とりあげた)子です。

 これから先、どんな人生を歩むのやら…少し、かなり心配なやつです。
[PR]
by carnotaurin | 2008-08-20 22:00 | My Life
 先日来、裏斜面の開墾をしています。

 買うときにくっついてきた斜面(土地)は、放置されて草ぼうぼうでした。
 「雑種地(宅地)」とのことで、ここを削って何かを建てることも役所に届ければできそうですが、そのためには上の家との関係もあるし、何よりユンボなどの機械を入れる道が無いのです。

 そこで、かねてより考えていた通り、ここを段々畑に開墾することにしたのです。

 既に何日も働きました。
 最初に出てきたのは鉄筋が数本。前の人が置いていったのでしょう。
 小動物…おそらくネコの大腿骨数本。
 小石・大石・などの砂利と粘土の固まり……

 スコップは最初の段階から使えません。すぐに石に当たります。
 それで「開墾鍬」で崩していきます。
表面の草や小樹木を根こそぎはがして、あま大きく振らずに、
石とケンカをしないように、少しずつ掘り崩していきます。

 まずは上へ上がるための階段を作りました。
 5段ほどの段々畑に整形。
 歩くところと畑を一段おきにした方がいいかな?

 削られた砂利はふるいにかけて、小石と石ころ、土を分別。
 山のようにたまっています。
 これの処理方法も考えなくては。
 業者さんに残土処理をお願いしなくてはならないのかなぁ。


 今日は6時間働きました。
 手首が壊れそうです。
 階段に素焼きの煉瓦で出来た板を敷きました。
 段々畑の各段の3カ所にくいを打ち込みました。
 どうやらセメントなどの処置も必要そうです。

 近所迷惑にならないように。
 土砂が流出しないように。

 土木工事の知識や経験が無いので、ここまでが限界でしょうか。

今日のBefore
e0064457_21331210.jpg


After
e0064457_21333241.jpg

  
[PR]
by carnotaurin | 2008-08-19 21:33 | My Life


「秋来ぬと目にはさやかに見えねども風の音にぞおどろかれぬる」

 そんな感じの朝でした。急にうるさかったクマゼミの声も消えました。


「月みれば千々に物こそ悲しけれ 我が身ひとつの秋にはあらねど」

 昨夜が満月でしたでしょうか。今日は大潮。


 記録的にも、個人的にも暑かった夏ですが、秋は確実に来ているようです。

 この夏は、前半は本職の仕事、新居の購入と引越、阪急百貨店の恐竜展示。それから、妻娘の長期にわたる里帰り効果による息子二人(受験生と○○児)の養育、主夫業、裏の荒れ地斜面の開墾
e0064457_2252395.jpg

と、自分にとっては様々な種類の活動が多い毎日でした。(普通の夏でしたら、休みの日はいつも筋トレと恐竜づくりのくり返しで終わりです。)

さて、今週末には妻娘も帰ってきてにぎやかになりますが、私は家事から解放され、落ち着いて恐竜づくりの時間をとれる……はずです。
e0064457_22531639.jpg

[PR]
by carnotaurin | 2008-08-18 22:53 | 恐竜
7&Y(セブンアンドワイ)に出てましたが、例の本が今月26日発売だそうです。
 たかさん、そうですか?

 この本は、

『国立科学博物館の真鍋真博士や、北海道大学の小林快次博士が、恐竜研究の最前線を紹介します。イラストや復元模型は、日米の気鋭の恐竜復元アーティストの作品です。最新の恐竜の情報と復元の現場をレポートしています。』

だそうです。私も骨で参加させて頂いてます。

 全ページがカラーで分厚い本のようなので、少し、
いやちょっと、
懐状態によってはかなり…高いです。
でも、こういう企画の本は、今までにありません。
「あって欲しかった本」がいよいよ登場です!


[ 恐竜の復元 ]

著者/訳者名 真鍋 真/監 訳
出版社名 学習研究社 (ISBN:978-4-05-403622-2)
発売予定日 2008年08月26日
予定価格 4,725円(税込)
[PR]
by carnotaurin | 2008-08-16 00:00 | 恐竜
ザトウクジラの頭数が増えて、絶滅の危機を脱した

ってことは、絶滅危惧種から外され、やがて商業捕鯨の対象になるってことなんでしょうか…

人類の思いのままって感じで、なんだか切ないです。
e0064457_23374632.jpg

画像は私の彫ったザトウクジラさんです。
本体はサクラ。目玉はブラックオニキスだったかな。
[PR]
by carnotaurin | 2008-08-13 23:37 | いきもの
今回の阪急百貨店での展示参加では、多くの方々と知己を得ることが出来ました。その中で、恐竜に関係のある方々を紹介させて頂きます。

所 十三 氏
 漫画家。 「白亜紀恐竜奇譚 竜の国のユタ」(単行本全8巻)に続いて、「 D-zoic」週刊少年チャンピオン(木曜日発売)にて連載中。
e0064457_834345.jpg
e0064457_8343544.jpg
「所十三の「恐竜漫画描いてます」」というブログをお持ちで、「恐竜の話、漫画制作の裏話など、思いついたことを書き留めて行きます。」ということです。
 氏はお忙しい中、大阪まで脚を伸ばして、私の木製恐竜骨格模型もご覧下さいました。氏のブログでも紹介頂き恐縮しています。さすがに恐竜ネタで漫画をかいていらっしゃるだけあって、恐竜関係の人脈にパイプもお持ちですし、やはりお詳しいです。いろいろと勉強させて頂きたいと願っています。
[PR]
by carnotaurin | 2008-08-12 08:36 | 恐竜