ブログトップ

タブリンの窓

carnotabur.exblog.jp

タブリンの木製恐竜骨格模型 制作記録 & 戯れ言 http://taburin.jimdo.com/ taburinあっとkfx.biglobe.ne.jp

<   2008年 10月 ( 19 )   > この月の画像一覧

 夕食後、ちょっと寒い中に出て歯を最終的に入れました。
 これでひとつ目はほぼ完成です。(実は鋤骨がまだなんです)

 なかなか勉強になった作品でした。約1ヶ月かかってます。
e0064457_22484794.jpg
e0064457_22485555.jpg
e0064457_22491281.jpg

[PR]
by carnotaurin | 2008-10-29 22:49 | 恐竜
 朝から雨。
 結局、雨が上がったのは夕方。
 3時間ばかりかけて、90本ほども歯を作ったろうか…

 仮に部分的に入れてみたのが画像。これでアヒル姿から脱却!
e0064457_232335.jpg
e0064457_23231048.jpg
e0064457_23231780.jpg


 この後で歯をまた抜いて、それぞれの部位にふさわしいように少しでも手を入れます。
[PR]
by carnotaurin | 2008-10-26 23:24 | 恐竜
 雨の上がった土曜日。昼過ぎまで次女の運動会で出てましたので、作業は3時過ぎからになりました。さすがに水はけのいい運動場は、埃も立たないよいコンディションでした。でも、ああいうのは同業者として運営方法などに目が行ってしまい、疲れます。

 在庫わずかなマンモスの牙の破片を使って、ティランノサウルスの歯に。
 画像の細い棒は約70本分。2頭分には足りません。
e0064457_21184426.jpg

スーFMNH PR2081の歯は、
 Primaxilla(前上顎) Left 4, Premaxilla Right 4, Maxilla(上顎) Left 12, Maxilla Right 12,
Dentary(下顎) Left 13, Dentary Right 14です。スタン BHI3033の場合は、同じく4-4,11-11, 13-13です。
 この後、それぞれの場所に合わせて、歯を整形して入れていきます。部位によって大きさだけでなく、カーブとか形状とかいろいろ違うんですよね。これが面倒!!
 参考文献:
HETERODONTY IN TYRANNOSAURUS REX:
IMPLICATIONS FOR THE TAXONOMIC AND SYSTEMATIC UTILITY OF THEROPOD DENTITIONS
JOSHUA B. SMITH
Department of Earth and Environmental Science, University of Pennsylvania,
(current address: Department of Earth and Planetary Sciences, Washington University)
e0064457_21193214.jpg

e0064457_21194487.jpg

[PR]
by carnotaurin | 2008-10-25 21:19 | 恐竜
雨で作業が進まないので、ここまでの状態をアップするにとどまります。
e0064457_19262040.jpg
e0064457_19263892.jpg
e0064457_19264615.jpg
e0064457_19265847.jpg
e0064457_1927932.jpg

[PR]
by carnotaurin | 2008-10-23 19:27 | 恐竜
e0064457_21475512.jpg
e0064457_2148944.jpg
e0064457_21481548.jpg
e0064457_21482473.jpg
 鋤骨以外の頭骨内部骨格を納めました。

 やっぱり、歯が入っていないと、アヒルですな。

 ここまでの反省点を、もう一つの骨格に活かしたいと思います。
[PR]
by carnotaurin | 2008-10-21 21:48 | 恐竜
 仕事から帰って、夕食摂って…いや、頂いて……

 頭骨内部の構造は、極めて複雑。方形骨と関節して、左右各5つの部位から成ります。
 取りあえずはすっぽりと納まる形になっているので、今夜は細部の彫り込みを3時間。ちょいと寒い夜でした。
e0064457_2382715.jpg
e0064457_2383695.jpg
e0064457_2384346.jpg

 この後は頭骨に内部にきちんと納めて頭骨は出来上がり。

 次は下顎骨。
 さらに歯。
 月内には一個の完成を目指して頑張ります。
[PR]
by carnotaurin | 2008-10-20 23:08 | 恐竜
 5時間ほどの作業で、頭骨内部構造の組み入れ、下顎の分解を終えました。

 頭部内部構造は殊にややこしいのですが、なんとか
e0064457_15282418.jpg
納められそうです。

 下顎は、7つほどのパーツから成りますが、今回は5つのみに分解。これから再接合します。少なくとも前半部と後半部は、このように分解してから組み立てておくと、最終的な「かみ合わせ」のときに好都合です。
e0064457_15283968.jpg
e0064457_15284568.jpg

 幸い、今週末はいい天気に恵まれました。

 そろそろ歯の準備もしようかな?!
[PR]
by carnotaurin | 2008-10-19 15:28 | 恐竜
 
e0064457_2321359.jpg
 今日は、頭の内部構造と下顎に着手。
 
 頭骨内部は、本来は、左右それぞれ5つの対称パーツと一つの非対称部分から成ります。結構複雑な構造ですが、もう何回目かになるので、だいたいの構造は理解しています。
 結局、面倒くさがりなので、採寸だけして一気に左右の部分として切り出すことにしました。これを丸ごと頭の中に放り込むつもりです。

 また、下顎も本来は7つほどのパーツから成りますが、まずは左右の板として切り出し、これを必要に応じてばらします。

 明日は、内部構造をきちんと頭骨内に納める予定!です。
e0064457_23211981.jpg
e0064457_23213242.jpg
e0064457_23214399.jpg
e0064457_23215348.jpg
e0064457_2322335.jpg
e0064457_23221287.jpg
e0064457_23221922.jpg
e0064457_23222589.jpg

[PR]
by carnotaurin | 2008-10-18 23:22 | 恐竜
やっと脳函を修正。これで納得。
e0064457_110355.jpg
e0064457_1104793.jpg

 続いて、頭骨内部の骨組みを構築。その型どりのために、今回は建築用スタイロフォームでお試し。
e0064457_111111.jpg
 
 これでこの頭骨内部にすっぱりと入るように彫りだし、うまくいくようなら、その後で木彫り。

 最初から木彫りでやった方が早いか…
[PR]
by carnotaurin | 2008-10-18 01:11 | 恐竜
 昨日、画像をアップしたあと、どうしても気になっていた脳函部分の位置……耐えきれずに外してしまいました。
e0064457_0245364.jpg
e0064457_025012.jpg
e0064457_025897.jpg

 もう少し脳函は頭骨に食い込まなくてはならないし、左右に拡がった部分もあと少し削らなくてはなりません。また、くびの環椎と関節する丸い部分も、もう少し下を向くようにしなくてはなりません。
 これらのことを修正するには、もう一度取り外して補正するしかないのです。これまた図面通りにしなかったツケです。感覚だけじゃだめですね。

 今日は残念ながら手を付けられませんでしたが、明日には修正して再度取り付け、次の工程に進みたいです!
[PR]
by carnotaurin | 2008-10-17 00:25 | 恐竜