ブログトップ

タブリンの窓

carnotabur.exblog.jp

タブリンの木製恐竜骨格模型 制作記録 & 戯れ言 http://taburin.jimdo.com/ taburinあっとkfx.biglobe.ne.jp

<   2009年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

早いもので、今日で1月も終わりでございます。
昨日金曜日からの雨は、一日中そぼ降り、外での思い切った作業は出来ませんでした。
そこで、今日は細かい作業。細々と埃の立たぬように。

それでも、長時間に及ぶと、脚のしびれと手の冷たさが増してきますが、それらを意識の外に置いて、彫り続けました。

目の後ろにあるのが後眼窩骨。これを取り外せば、脳函全部などの内部の彫りが楽になります。窓(開口部)のでかいVelociraptorを除き、Yanchuanosaurus, Monolophosaurus, Gorgosaurus, T-rex(Jane), Ceratosaurus, Sinraptor, そしてCryolophosaurus はそれを行いました。
e0064457_214319100.jpg
e0064457_2143321.jpg
e0064457_21434522.jpg
e0064457_21435820.jpg
e0064457_21442416.jpg
e0064457_21444349.jpg
e0064457_2145065.jpg


そうそう、怒濤の10連発に新しい仲間が!
この際!!ってことで、Allosaurus(Big Al model), Dracorex が加わります!
ということで、合計……わからん!
e0064457_22255142.jpg

[PR]
by carnotaurin | 2009-01-31 21:45 | 恐竜
 先週から娘が行きたいと言っていた、神戸市立科学館。
 学校の遠足でも行って、お気に入りだったらしい。
 一方、私は、「恐竜はいないのか?」
 「おらへん。」
 「ほな、あかんわ…」

 結局、今日の午後になって行くことに。まぁ、仕方ないか。
e0064457_2022413.jpg

 鉄道か車か。今日は今年一番の冷え込み。
 時間的にも、車で行くことに。

 名神(900円)から西宮で阪神高速3号(500円)に。それから橋を渡って人口の島へ。
 実は、神戸の地に足を踏み入れるのは、実は中学校以来。なんか、関西の高速道路には抵抗感があって、神戸方面に出かけたことはないんです。

 駐車場は科学館の近くに。
 徒歩で科学館入り。

 そこで気づいたのが、「…無い…」

 そう、5000円札枚と1000円札が3枚、手元に残っているはず。(アセアセ!)
 全部のポケットを探しても、そのうちの最高額紙幣5000円札が無いのです!!!!


 結局、見つかりませんでした。
 車を降りたあと、風で飛んだのかなぁ…



 落胆して乗り気じゃないまま、2時間ほどの見学を終えて帰りました。
 帰りにどっかの店(回転寿司を除く)で何か食べて帰る予定がパ~~!


 おとなしく恐竜彫ってりゃよかった!?
 子どもたちは、素直に「ありがとう」と言ってました。 

e0064457_20232776.jpg

[PR]
by carnotaurin | 2009-01-24 20:23 | My Life

 夕方、日が沈む頃に雨が上がりました。

 ふっふっふ、そうです、少しやりました。
 いくつかの表面に手を入れて、少しだけディーテールを。

 ただ、暗かったので、イマイチ。

 いや、老眼か…
e0064457_2001022.jpg
e0064457_2001877.jpg
e0064457_2002411.jpg

[PR]
by carnotaurin | 2009-01-18 20:00 | 恐竜
朝、9時過ぎに出発。
午後2時過ぎ、 早くも行って、戻ってきました。

今回は自動車です。
カーナビゲーションシステムを取り付けていないので、出発前に地図とにらめっこして、頭にたたき込んでの出発です。京都市街地は道路が縦横に走り、とてもわかりやすいのです。

奥さんが京都市役所前の「のみの市(到着後に雨で中止と判明)」に行くので、そこで降ろして、娘らと行ってきました。
京都市役所までここ高槻の自宅から約30㎞の道のりなので、すぐです。

目的地の直ぐ近くで、一回だけ逆方向に行ってしまいましたが、無事に到着!


京都市内在住ではないので、子どもも中学生200円、小学生100円を支払って入場。
私は早速、子供らを解放して、恐竜関係のコーナーに張り付き。

はい、小振りのティランノサウルスが出てきます。ココロの作品でしょうか。
e0064457_1595875.jpg


そばにあるサウロロフス。
e0064457_151027.jpg

そしてタルボサウルス。
e0064457_15101710.jpg


全身は東京の上野にある国立科学博物館入り口のと同じですかね。
下には頭の「復元模型」があります。
e0064457_15104277.jpg

欠損部位が多いためか、手で作った部分が多く、面白くありません。「ん?」と思う発見はありませんでした。
ああいう部分骨を使って型どりしたものを復元する場合には、実物からの復元部位と、作者の手で作った部分は色分けするなどの工夫が必要だと常々思います。

アッロサウルスは、頭骨復元模型と、その元になったと思われる実物の部位化石。
e0064457_1511231.jpg

復元の方は、これも手で作った部分に「間違い!」が多く、残念!!

続いて、その奥にあるアジア象「トモ」の実物全身骨格。
こちらの方が興味深かったですね。
21歳とのことです。決して大きな個体ではないのですが、アジア象としては立派な体躯です。

e0064457_15133936.jpg


e0064457_1514225.jpg

腕を頭上に精一杯伸ばして鼻腔を!

いつかマンモスも作ってみたいので、マニアックな写真ばかり撮ります。

やはり今日は雨が降り始めた京都・大阪です。
[PR]
by carnotaurin | 2009-01-18 15:14 | 恐竜
編集する 2009年01月17日22:49

 比較的暖かく、また風もほとんど無い今日は、朝10時から夕方5時まで、トイレに立った2階回以外はずっとぶっ続けの制作作業!
 でも、あんまり進んだように見えないのが悲しいところ。
e0064457_22505745.jpg
e0064457_2251480.jpg
e0064457_22511138.jpg

 下顎は左右に分離しました。

 せっせと内部を彫っています。それぞれ種類によって大きく、あるいは微妙に違います。

 内部が出来上がったら、いよいよ外面の最終整形に入ります。つまり、骨になるように仕上げていきます。

 そうそう、いくつかは、後眼窩骨を取り外して作業する予定です。表面にある窓(眼窩窓、前眼窩窓、後眼窩窓)、脳幹左右の窓、下面などから脳函周辺を彫り込むことが難しいためです。


 明日は昼頃から雨らしい… うらめしや
[PR]
by carnotaurin | 2009-01-17 22:51 | 恐竜
なかなか作業時間が取れません。

 朝は凍てつく中、車のウインドウの氷を処理して、6:50に家を出ます。
 山の中を縫う谷間の道が通勤路。奥に進むほどに下界とは違った様相になってきます。ところどころ凍ったところに気を付けながら走ること25分。職場には事務員さんの次に二番目に入ります(私は鍵を持っていない)

1時間ほど、当日の仕事の準備をします。

 勤務時間は、正確には5時20分頃までなのですが、それで帰る、いや帰れるはずもなく、あれこれと仕事があります。
 それでも、同僚の中ではほぼ一番に退勤します。

 通勤時間が短いのが取り柄ですが、途中には店もなく、職場と自宅の往復の毎日。冬場は既に暗く、このごろは一段と寒く、外での作業はできないので、室内でナイフや彫刻刀でちびちびと。今のところ、全作品ともミスは無し!(あ、クリョロフォサウルスの下顎を燃やしてしまったか!)
 でも、確実に進んでいますよ。

 週末が待ち遠しい!!
[PR]
by carnotaurin | 2009-01-15 21:08 | My Life
 年に一回の職員旅行で、山陰は兵庫県香美町まで行って来ました。
 
 天気予報通り、京都亀岡から福知山を抜けた辺りから雪が降り始め、豊岡に入った頃には大雪。
e0064457_17122590.jpg

 それでも、海辺に出たときには積雪は無しの状態になりました。
 夕方5時に無事到着。

 そこで、豊岡に住むメキシコ時代の同僚が奥様を伴って訪れてくださいました。
 彼はコウノトリにも関わっており、書籍も出すなど頑張っておいででした。9年ぶりの再開でしたが、変わらぬお姿に互いの元気を喜び合いました。

 さて、ここはカニの本場。
 晩飯はもちろんかにづくし。
 飽きるほどしっかりと頂きました。
e0064457_17125438.jpg

 その後、吹雪く中を海岸まで散歩。暗い中でしたが、日本海の波が激しく浜辺に押し寄せる景色も味わいました。


 翌朝、再び浜辺へ。

 やっぱり海辺に来たら浜辺までは行かないと。
 今朝は吹雪いていましたが、荘厳な日本海の海をまた味わいました。
 朝食後に雲間から太陽が出たので、もう一度浜辺へ。
 夏とは全く違う顔を見せている真冬の海にも美しさがありました。
e0064457_17133389.jpg
e0064457_17135914.jpg

 帰りは出石(いずし)で蕎麦を。
 ここも有名どころで、なんと観光客の多いところ。古い町並みが綺麗なのですが、ぐちゃぐちゃの雪道をみんな歩いていました!
 ここ出石は、位置的にも、海辺でカニを食べた一行が、帰りに立ち寄り蕎麦を食べるというのが、自動車での一般的なコースのようです。
e0064457_157818.jpg

 夕方こちらへ戻ってきましたが、今朝までの雪景色は嘘のよう。

 なかなかよく食べた楽しい旅行でした。

 さぁ、恐竜を彫ろう!!

 

 
[PR]
by carnotaurin | 2009-01-11 17:17 | My Life
 今日もまた雨が降らずに良い天気。
 
 だいぶ進みましたが、前のようにガーガーとは削れない部分に着手しているので、牛歩の進捗(お、丑年やん!)

e0064457_2235110.jpg
e0064457_22351631.jpg
e0064457_22352643.jpg
e0064457_22353558.jpg
e0064457_22354319.jpg
e0064457_22355098.jpg
e0064457_2236249.jpg
e0064457_2236984.jpg


明日から一日中仕事だぁ~(いや、その、本業の話です。え?これが仕事じゃないのかって?)
[PR]
by carnotaurin | 2009-01-06 22:36 | 恐竜
 元旦より彫り始めています。
 こちらに戻ってからも毎日。
 そして今日4日の日曜日、8時間ぶっ続けで彫りました。

 おおかた形が整い、頭骨内部の構築に取りかかっています。
 しかし、これが、ほぼ完璧に分かるのは3つほど。
 あとは分かっている類縁の種からの類推。

 内部…口蓋…脳幹…後頭部…顎関節……
 はっきり言って10連発はかなりしんどいです。
 今回はそれぞれ部位ごとの分割はしません。外から中を彫ります。もし不可能と判断されたら、必要最小限で分割するつもりです。

 それから歯…NigersaurusChirostenotesを除いて、サイズや形の違う歯が、全部で450本ほども必要です。
 全部象牙にするつもりですが、考えただけでぞっとします。

e0064457_21241074.jpg
e0064457_21241677.jpg

[PR]
by carnotaurin | 2009-01-04 21:34 | 恐竜
みなさまには、それぞれの地で、それぞれの家族や仲間と良い年をお迎えのことと拝察致します。
お陰様で我が家も、大晦日からの一泊の帰省で、両親や弟(宮崎・都城出張からの帰省)家族と楽しいひとときを過ごしました。
除夜の鐘を聞きながら、氏神産の所に凍てつく道を歩いて初詣。
e0064457_18912.jpg


帰ってから年越し蕎麦。
今朝は九州の叔父から届いた大きな寒鰤を捌き、昔から変わらない実家の質素な雑煮を頂きながら、集まった11人(小学2年生~74歳)で今年の抱負を発表したり。親にとっては「健康が一番!」という結論でした。全く以てその通り!何事も健康であっての話。

元旦は天気が良かったので、時折雪もちらつきましたが庭でたき火。
火に当たり、時折煙に涙しながらもナイフを取り出して、少し初彫り。

e0064457_1891069.jpg
e0064457_1891784.jpg


今年もまたたくさんの素晴らしい人達と知り合って、
お互いにとって成長できるような年にしていきたいと思います。

今後とも変わらぬおつきあいを宜しくお願い致します!

帰省やおでかけのみなさま、事故のないように気を付けてくださいね!
[PR]
by carnotaurin | 2009-01-01 18:10 | 恐竜