ブログトップ

タブリンの窓

carnotabur.exblog.jp

タブリンの木製恐竜骨格模型 制作記録 & 戯れ言 http://taburin.jimdo.com/ taburinあっとkfx.biglobe.ne.jp

<   2009年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

「国際博物館の日」記念事業!  5/17特別講演会
5月17日(日)13:00~15:00
国立科学博物館 日本館2階講堂

講演内容
①「ゴンドワナ大陸の恐竜 -彼らは南北旅行をしたか-」
 【講師 国立科学博物館地学研究部生命進化史研究グループ研究主幹 冨田幸光 氏】
②「骨化石のサイエンティフィック・イラストレーション -恐竜と翼竜を例に-」
【講師 文星芸術大学准教授 岡本泰子 氏】
③「復元画の描き方 -マプサウルスに見るその制作プロセス-」
【講師 文化女子大学准教授 伊藤丙雄 氏】

 これの聴講に5月17日はでかけます。
 日曜の午後なので、その日の朝出かけて、講演会終了後はとんぼ返りの予定です。

 「復元」に関する講演という題目なので、とてもおもしろそうなのです。②の岡本氏には先日のシンポジウムでもお会いしました。
[PR]
by carnotaurin | 2009-04-29 06:47 | 恐竜
 午後何時頃までかなぁ、風が強くって、寒くて、作業を中断。
久々に指がかじかんでしまいました。

 さて、Yangchuanosaurusに続き、以前作ったDaspletosaurus(歯が全部入っていない)も漂白。薄目の漂白剤だったので、24時間でも木の内部までは漂白されていません。木工用ボンドでつないだ部分はバラバラに。
e0064457_2114688.jpg
e0064457_212728.jpg



 これを乾燥後に組み立てました。

e0064457_2123419.jpg


 続いて、Brachylophosaurusの歯の挿入。上下左右の4カ所にまとめて入れました。
e0064457_213746.jpg

動画はこちら、You Tube


 今度の連休は、残りの頭骨を仕上げる時間にできそうです。
[PR]
by carnotaurin | 2009-04-25 21:04
 先日の日曜日、台所で昼飯を作ったあと、まな板と布巾をキッチンハイターで漂白しました。
 大変きれいになったのに満足。

 その夜、ふとひらめきました。

 「恐竜(骨格模型)にこれをやったらどうなるだろう…」

 思い立ったらやらずにはいられません。

 あと歯を入れたら完成という状態だった昔のYangchuanosaurus 1/10を使用。
 水で薄めた塩素系漂白剤の水溶液に24時間浸しました。


 その結果…

e0064457_19524252.jpg
e0064457_1952506.jpg


どうですか?

赤みがかったトチノキが見事に漂白されて、骨の雰囲気。
繊維が傷んだかどうかはわかりませんが、何となくおもしろい結果になりました。
材木業界でも何らかの方法で漂白することがあるようですが、
どうですか?
やっぱ、もうやめようかしらん。
[PR]
by carnotaurin | 2009-04-23 19:54 | 恐竜
 私のノートパソコンは、空冷のファンが壊れて除去したために、
熱に弱い。暑い日中は気温の上昇に伴い、やたらと熱くなってダウンする。
 今日、とうとうシステムダウン。すべてパー……

 購入時の状態に戻し、あれこれとインストールして、
Microsoftなどをバージョンアップするのにやたらと時間がかかってしまいました。

どうもいかんな。


 握力計で握力を計った。
 夏場は75はあるので、今70はあるだろうと思っていたのに、冬期間の運動不足のためか、あるいは年齢のためか、68.7しか無かった……

鍛えよ!!
[PR]
by carnotaurin | 2009-04-20 23:46 | My Life
 暖かい、いや暑いくらいの一日でした。

 植物食恐竜は、今までにもあまり作っていません。
 ケラトプス類はまだいいんです。
 あのアヒル口、いやDuck bill カモノハシ竜というか、ハドロサウルスの仲間は種類も多くて興味深いんですが、今までParasaurolophusやEdmontosaurusやLambeosaurusなどに挑みましたが、
志半ばに挫折。

 理由は簡単。難しいんです。

 何が難しいかって、やはり頭の内部構造。これが実にややこしい。

 画像や類似恐竜の文献を数々当たり、試行錯誤の上に、やっとBrachylophosaurusの頭部内部構造を解明。やっと形になりました。
e0064457_2045855.jpg

 縫合線が痛々しいのですが、今回は許して。
e0064457_2052229.jpg

e0064457_2054328.jpg

 この後、下顎を仕上げ、歯を入れて完成にします。
[PR]
by carnotaurin | 2009-04-19 20:08 | 恐竜
Dunk-
e0064457_16554479.jpg
leo-steus?
No,No,No.... It's Dunkle-osteus !

最初読んだときは、ダンク・レオ・ステウス かと思いましたが、
ダンクル・オステウス だそうで。
 ものの説明によると、「発見者David Dunkleさんの骨」

 こやつは恐竜ではなく、もっと古い時代(デボン紀後期3億7000万年前)の魚です。
 全長は6mほどと考えられていますが、硬い外骨格で被われていた胸から前の部分は残り、
後ろ半分は見つかっていないようです。だから、復元画では、サメのようにしているのもあれば、ナマズのようにしてあるのもあります。
 いずれにせよ、この口はデカい!
 歯のように見えるのはいわゆる歯ではなく、骨の板が歯の役割をしているようです。

 こやつも、よくわからないことが多いですな。

 まぁ、なんとか形にはしました。
e0064457_16555434.jpg

[PR]
by carnotaurin | 2009-04-12 16:57 | 恐竜
 サクラはヤマザクラ。
 豪華絢爛なソメイヨシノよりも、山里の広葉樹林にポツポツと咲いているヤマザクラが一番美しい、と感じるのであります。

 さて、やたらと暖かい今日この頃。
 本日も朝から気温が上がり、汗ばむほどの陽気。
 作業も捗りました。暖かさのため、久々にいろんな虫が飛んできました。

 今日、歯を入れて仕上がったのは、Caricharodontosaurus saharicus。
 アフリカで発見されたもので、結構大きい頭ですが、これも発見部位は多くはありません。
e0064457_18351246.jpg
e0064457_18352063.jpg


 名前の由来の通り、大きいけど、サメの歯のような薄目の歯が並んでいます。
 頭部は木材の関係で、左右2分割法。後に後眼窩骨を外して整形、脳函を別途作って入れています。
 下顎は最小限の分割(左右各3分割)で済ませています。

 そばに置いてあるのは、同縮尺のHomo sapiens sapiensの頭骨模型(象牙製)。
e0064457_22463430.jpg
e0064457_22464430.jpg

[PR]
by carnotaurin | 2009-04-11 18:35 | 恐竜

wc

トイレじゃありません。

ダブルC。
つまり、CarnotaurusとCeratosaurusです。
e0064457_18125211.jpg

e0064457_18132137.jpg

今日は、歯を200本ばかり作り、上の二つとCryolophosaurusに入れ、上の二つは終了!
なかなか疲れる作業でした。
象牙の臭いがまだ鼻に残っています。

動画はこちら

追加画像
e0064457_2145754.jpg
e0064457_214517100.jpg
e0064457_21454927.jpg
e0064457_2146181.jpg

[PR]
by carnotaurin | 2009-04-04 18:14 | 恐竜