ブログトップ

タブリンの窓

carnotabur.exblog.jp

タブリンの木製恐竜骨格模型 制作記録 & 戯れ言 http://taburin.jimdo.com/ taburinあっとkfx.biglobe.ne.jp

<   2009年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧

 忙しい時期ではありますが、この土日は同僚とともに丹後の伊根へ。天橋立、宮津から丹後半島の先に行ったところです。
e0064457_2264623.jpg

 その近くに山荘があり、ここを基点に二日間を過ごしました。
e0064457_2294383.jpg

 初日は、先発隊の同僚の大漁を期待していましたが、全くの空振り。仕方がないので、市場で仕入れて山荘に。そこで、昼ご飯として刺身やあらの煮込みを頂きました。
 夜は上司が仕入れて下さった上質の肉で焼き肉。酒類も豊富で、老(?)若男女の仲間で、人生について熱く語り合いました。
e0064457_22103746.jpg

 翌朝は7時に近くの小さな漁港に。ここで、定置網から戻ってきた漁船を待ちかまえ、昨日の市場での数分の一の価格で、水揚げしたばかりの新鮮な魚をゲット。来てた人たちのほとんどが、地元の料理屋さんとかのようでした。しかし、エチゼンクラゲの多いこと…。
e0064457_22111240.jpg

 朝飯はそれをお刺身にして頂きました! 
e0064457_2213383.jpg

 食後は、伊根の舟屋が立ち並ぶ港で魚釣り。ここは、「砂の器」や、私の好きな映画寅さん(シリーズ第29作「寅次郎あじさいの恋」いしだあゆみ)のロケも行われたところで、舟屋が有名です。湾に沿って舟屋の立ち並ぶ風景は、その昔ビデオで見た寅さん映画を思い出させました。
e0064457_22114374.jpg
釣りの方は、真っ昼間で、船着き場での釣りですから、お遊び程度。小さなアジなどをゲットしました。
e0064457_22121118.jpg

 その後は戻って焼きそばを頂き、帰路についたのでした。料理が好きで、得意とする人たちと行くと幸せです。
 久々に飲み食いし、同僚と語り合った二日間でした。
 さぁ、明日からまた仕事を頑張るべ。

 ということで、久々に恐竜を彫らない土日でした。

 (でも、ちゃんと持って行きました、トリケラの頭)
e0064457_22132873.jpg

[PR]
by carnotaurin | 2009-09-27 22:13 | My Life
 昨日22日朝から、急遽帰省してきました。今回は単身。
 京都亀岡から丹波篠山、社(やしろ)に抜けて、そこから高速道路に入ったので、渋滞無し。帰りも同じコースで渋滞無しでした。
 中国自動車道は、吹田から宝塚まで18㎞の渋滞だったそうですから。

 帰ってから少しつつきました。
 フリルの付け根はまだまだ分厚いので、これを薄くしていくと同時に、脳函あたりに手を入れ、内部に入る手前です。はっきり言って脳函の外観はわかりますが、内側の構造は不明です。どなたか資料をお持ちではないでしょうか?
e0064457_20255625.jpg
e0064457_2026272.jpg


 ついでに実家で撮ってきた絵(油彩)の画像も載せます。以前も載せたかな。
e0064457_20262048.jpg
 もう17年ほど前に描いたものですが、実物大の模写です。
[PR]
by carnotaurin | 2009-09-23 20:26 | 恐竜
 のこぎりで切り込みを入れて、ノミでたたいて…
e0064457_14455045.jpg
e0064457_14455754.jpg


 だいたい形が出来たところで、下顎の塊を作り、位置合わせ。
e0064457_14461967.jpg

 だいぶ形になってきたぞ~!

 
 でも、まだまだ重いです。頭骨内部を、その構造を考えて徐々にくり抜いていきます。また、縫合線を意識して、骨らしくしていきます。

 ちょっと下顎部分と頭骨下部の木肌が合わないな。
 別の材からなので色も違う。

 これは、作り直しだな。
[PR]
by carnotaurin | 2009-09-21 14:46 | 恐竜
 15㎝×23㎝×30㎝の直方体から、のこぎりをギーコギーコとひいて、頭部(下顎を除く)を切り出しました。なかなかの力仕事でした。
 それから少し超硬ビットで整形。
 遅々として進まず、という感じですが、頭の全体像が出てきました。
e0064457_17545578.jpg
e0064457_1755122.jpg
e0064457_1755811.jpg

 強力バンドソーが欲しい!強力自在サンダーが欲しい!
 と思いながら、あの手この手で切って削ります。
 今度実家に帰ったら、電動チェーンソーを持ってこよう。
(以前、ブラキオサウルス制作時に少し使いました)
[PR]
by carnotaurin | 2009-09-20 17:55 | 恐竜
 一応、型取り用に簡単な図面を描いてみました。
e0064457_2155312.jpg
e0064457_216378.jpg

 トリケラはでかいので9mほどですが、小柄なタイプで6mちょいほどを想定しました。
それでも10%で作ると、下顎を除く頭部には、最低20㎝×15㎝×15㎝の角材が必要です。
角は上向きタイプにしました。
 骨格模型を木で作る場合、体軸あるいは長い辺を木目と合わせるのがすじですが、この場合には木目をどのように合わせるかが問題です。
 一応、フリルの角度も考慮しながら体軸に木目を合わせるので、角は木目と交差する方向に伸びてしまいます。この場合、強度は勿論、見た目の自然な流れも問題になります。
しかし、まぁ、これくらいの太さがあれば大丈夫だとは思います。とりあえずやってみようかと思います。

 前述のサイズの角材切り出し、それを一木で彫り、内部をくり抜き、必要に応じて分解するかと思います。歯は一本ずつ差し歯ですね。
一応、関係論文も10ほど目を通しました。(必要部分だけですが)
[PR]
by carnotaurin | 2009-09-19 21:05 | 恐竜
 この連休は、今のところ出かける予定もありません。家族もめいめいがいろいろとあってそろわないし、あえて人混みや渋滞につっこむのも愚かしいし、何より先立つものもない。
 
 ということで、自宅で新作へ向けての構想・図面描き、制作をする方が余程生産的ではなかろうか。

 さ~て、今回の新作は、以前頓挫したDimetrodonと、昔作ったTriceratopsのremake再挑戦。

 Dimetrodonは3mほどの爬虫類(ここのところ爬虫類ばかりやな)で、模型でもあまり大きくするつもりはありませんが、あまり小さいと指骨や手根骨にあたる部分が小さいので大変そうです。
 またTriceratopsは、あれこれと一気に10数種類が記載され、結局今は種類くらいにまとめられているようです。これは、眼窩の上の角を上向きにするか前向きにするかで、ずいぶんと違うでしょうね。前向きにすると戦闘的なイメージですが、上向きにすると優雅な感じになります。勿論、実際にそういったいろんな個体がたくさん発見されているのですが、どちらにしようかしらん…

 そんなこんなで連休を過ごせるかな。

 いや、ほかにも、Carnotaurusの全身リメイクもしたいし、テリジノサウルスもどきもやりたいし、エドモントサウルスの全身もやりたいんです。小さいのでは、普通のオヴィラプトルもやりたいし、久々に丸っこいアンキロサウルスの仲間もやりたいですよ。
[PR]
by carnotaurin | 2009-09-19 10:43 | 恐竜
 愛知県蒲郡市の「生命の海科学館」で私の作品群を展示させて頂いたのは夏。すでに秋になり、涼しい風が吹いています。
 生命の海科学館には、今回の企画展を記念して、オフタルモサウルスを制作し、厚かましくもそれを館に、かっこよく言えば寄贈、つまり引き取って頂きました。

 このたび、館のM氏から画像が届きました。
 生命の海科学館には、イクチオサウルスIchtyosaurusの立派な実物化石(腹這い状態という珍しい姿勢)が堂々と展示されています。そのそばに展示するにはあまりにもおそれおおいため、私としては、受付とか事務所あたりとかに展示して頂ければありがたいと思っていたのですが、ご覧の通り、化石のそばに展示して頂いたようです!有り難き幸せとはこのとこ。

 みなさん、再び生命の海科学館においでの際には、是非、ご覧になってください。
 (ただし、今度は常設展の入場料が必要でっせ!)
e0064457_19463246.jpg
e0064457_19463818.jpg
e0064457_19471263.jpg

画像提供:M氏 生命の海科学館
[PR]
by carnotaurin | 2009-09-18 19:47 | 恐竜
 谷本先生から写真をいただいたので、アップします。
e0064457_2241958.jpg
e0064457_2243260.jpg
e0064457_2244854.jpg

[PR]
by carnotaurin | 2009-09-13 22:04 | 恐竜
 皆様のご声援を頂いたおかげで、無事に昨夜未明に完成しました、モササウルス。ありがとうございました!

 一夜明けた今朝は、出かける前に突然の雨。あわてて軒下に!
 幸い、まったく問題なし!
 気になるところをいくらかつついて、いよいよ三重県伊賀上野に。
 昼までに着こうと考えて出発。
 
 はい、時間も無かったので、余計な搬送工作はせずに、結局、下の写真のように、後部と真ん中の座席を倒して、そのまま腹這いに。
e0064457_16295976.jpg
思ったより胸郭も丈夫で、このままひっくり返りもせずに、昼前、無事に伊賀上野に着きました。 私のモサちゃんは、タフなのです!

 場所は、お城の東側にある伊賀「上野歴史民俗資料館」の2階。
 「恐竜と伊賀の化石2009」という企画展。
 (平成21年9月14日~12月25日)
 大人200円、高・大学生150円、小・中学生100円。
 主催:財団法人 伊賀市文化都市協会
 協力:伊賀盆地化石研究会
 後援:伊賀市、伊賀市教育委員会

 ここでは、三重県伊賀市を中心に発見された新生代の化石を展示。
 その中に、今回のモササウルス作りで監修を頂いた谷本先生の恐竜化石関係展示もあります。

 モササウルス全身復元骨格模型、私としては天井からつるしたかったのですが、用意して頂いた場所に、上のような支柱にセット(ほら、店内などで移動式の支柱と支柱の間に飾り紐や鎖をぶら下げて客の進路を整理するヤツ)。
 ただ、物干し竿のような竹の棒にぶら下げてあるのですが、この竹は、制作中にも使った園芸用の竹棒…。また皆さんの「ご指摘」を受けそうです。そう、いつもセッティングまで気が回らないんですよね。
e0064457_16305144.jpg

e0064457_1631977.jpg
 
 とりあえず、セッティング終了。
 陳列の始まった貴重な化石群を拝見して、伊賀上野を後にしました。

 これでしばらく追われることなく制作が出来ます。

 次の作品は…
[PR]
by carnotaurin | 2009-09-12 16:31 | 恐竜
 9月12日(土)午前0:57。
 今日の6時間半の作業で、腰回り、胸部を仕上げ、最後に両前肢を取り付けて、ついに組み立てが終わりました!!!
e0064457_1414035.jpg

応援下さった皆様、ありがとうございました!

明日、三重県伊賀上野の博物館に搬送します。


しかし、どうやって運ぼう…
[PR]
by carnotaurin | 2009-09-12 01:41 | 恐竜