ブログトップ

タブリンの窓

carnotabur.exblog.jp

タブリンの木製恐竜骨格模型 制作記録 & 戯れ言 http://taburin.jimdo.com/ taburinあっとkfx.biglobe.ne.jp

<   2009年 11月 ( 20 )   > この月の画像一覧

 Archelonの甲羅ですが、なかなか大変です。
 周囲の、肋骨の遠位端どうしをつないでいる部分が、☆が爆発したような形でして、これは木の木目や堅さ、粘りを考えてもかなり難しい。 腹側にも☆の形をした大きな板が4枚。
 とんでもないものを選んでしまったと、多少後悔しています。
e0064457_21532834.jpg
e0064457_21533459.jpg
e0064457_21534147.jpg


 Triceratopsは下顎のくちばしを作り直し。
 Raptorexは歯を入れるだけ。
 Dimetrodonは背骨の整形に入るところです。


 しかし、寒いのはこたえます。だんだん手の感覚が鈍くなってくると、作業が粗くなるのでダメですね。
 
[PR]
by carnotaurin | 2009-11-29 21:53 | 恐竜
 今日は天気がよかったですね。
 午前中は、職場のある地域のクリーンキャンペーンで、ゴミ拾いに行ってきました。
 車が一台しかないので、同僚との食事の約束も反故にして、終わったら帰宅。(ごめんなさい)

 夕方から作業。寒いと、なかなか指が働かなくて、なかなか進みません。

 画像は、ウミガメの甲羅。
e0064457_23374444.jpg
 内面をだいぶくり抜いたろころです。これから薄くするので、手に持って作業するときの力加減を気をつけなくてはなりません。ちなみに、木目は肋骨に合わせて横向きです。

 次の画像は、頸椎4~6番を(結局3回)入れ替えたあとの脊椎です。
e0064457_23382669.jpg
この後ろに仙椎・尾椎とつながります。次の工程は、整形です。一つひとつを細かく彫り込んでいきます。しかし…
 う~む、微妙に木の色が違う…… まぁ、いっか。

 最後の画像は、トリケラトプスの歯を入れてみたところ。
e0064457_23383986.jpg
これもデンタルバッテリーということで、つなげた状態で作りました。歯はできるだけ細かく象牙を彫り込んであるのですが、微妙に上下の噛み合わせがよろしくない。もしかしたら、下顎のくちばし部分を取り替えるかも知れません。

 戸外での作業、寒く暗い冬には、なかなか進みません。
[PR]
by carnotaurin | 2009-11-23 23:38 | 恐竜
 皆様に応援頂きましたおかげで、息子も3週間で退院することができました。

 まだ眼球運動が不十分で、二重視だったり、握力も平常の60%ほどと、自宅でのリハビリが必要ですが、
とりあえずは退院できました。
 このたび、皆様にお寄せ頂いたご厚情を、何よりも感謝致しております。
 本当に応援をありがとうございました。
 
 今回の経験で、愚息が心情的に何か大きく変わるとも思えませんが、とりあえずは自分で道を拓いていくことでしょう。沿う願います。

 本当にありがとうございました。

 画像は入院中の息子
e0064457_20252072.jpg

[PR]
by carnotaurin | 2009-11-21 20:25 | 恐竜
 Latimeria menadoensis 
 要するに、インドネシア産のシーラカンス。
この子どもの撮影に、福島県いわき市のアクアマリン福島の調査隊が発見、撮影に成功とのこと。
 いやぁ、子どもらしく鰭が大きくて可愛いです!体長31.5センチほどだそうです。
[PR]
by carnotaurin | 2009-11-17 05:40 | 恐竜
 土曜日に仕事があったので、昨日の月曜日は代休でした。
 掃除や洗い物もこなし、寒い中、久々に木くずにまみれました。

 一枚目は、職場近くにあるカリン。青い空と黄色い果実のコントラストが綺麗でした。
e0064457_5293315.jpg


 二枚目は、トリケラトプスの背骨。一部、前突起の角度をミスしたので作り替えていますが、今度は横幅もミスしたので再三訂正です(下のブロックからやり直し)
e0064457_5295080.jpg

 三枚目は、カメの甲羅。Archelon。今までの恐竜には無い造形ですね。何しろ、背骨と肋骨で甲羅が形成されていますから、自ずと手順も異なります。
 右側のひっくり返っているのは、ここまで彫った段階であきらめたものです。
 原因は素材。いつもと違う木を使ってみたのですが、やはり、粘りがない。
 何の木でしょう?     …はい、見ただけではわかりませんが、これは胃腸、じゃなくて銀杏=イチョウです。
 それで左側にあるのが従来の通りのトチノキで彫り直し始めた塊です。
 裏側をくり抜くのが今回の最難関。
e0064457_530993.jpg

 Archelonは巨大なウミカメですが、今回のスケールはやや小振りにしてあります。
[PR]
by carnotaurin | 2009-11-17 05:30 | 恐竜
 おかげさまで、なんとか動けるようになり、今日は試験にも出席することができました。

 夕べ発熱したのですが、今朝は下がった様子。
 天気も回復しましたが、少し肌寒い感じ。
 病院から、いったん帰宅して、久々の風呂を浴び、軽く食事をとってから、妻と私で車で大学まで送りました。
 新しい車にはカーナビゲーションシステムもあるのですが、昨夜私は一度行ってきて、時間を計算済み。
 今日は日曜日で道路事情も違いますが、早めに出て余裕で着きました。

 電話で大学にお願いしたとおり、席まで介助して行くことができましたが、周囲を気にして「自分で歩ける」という息子でした。
 それにしても、うじゃうじゃいるもんです。ほとんどが制服組ですが、あんなに受験生がいるんだと、何十年ぶりに高校生に囲まれて妙に焦りました。また、結構、付き添いの保護者ってのも多いんですね。受験生が入室した後のキャンパスや食堂には多くの親の姿がありました。

 さて、1時半から3時までの90分の試験。
 3時に部屋まで行こうとしたらどっと各室から高校生が出てきて、流れに逆らうのは大変でした。
 この流れで階段を下りるのはきついだろうと思いましたが、息子は反対側の空いている階段から降りました。そこで合流。
 息子は一通りを40分ほどで終わったと言ってました。
 リスニングもOKとのこと。
 問題用紙をチェックしたところ、それでも3つほど間違えていました。単語力は日頃の学習経験がものをいいますからね。日常生活の単語量なんて限られていますから、意識して読書したり新聞を読んだりしないと、語彙不足になるのは日本語も同じ。

 まぁ、ここ二週間ほどは学習ゼロですから。テストを受けることが出来ただけでもいいでしょう。
 結果はいかにあれ、ここまで回復できてよかった。

 今日はまた病院に戻ります。
 でも、あと数日で退院できるでしょう。

 皆様、本当に励ましのお言葉の数々、ありがとうございました。
 本当に本当に、ありがとうございました。
 
[PR]
by carnotaurin | 2009-11-15 17:03 | My Life
 実家のある岡山県津山市は、岡山県北にある人口10万人ほどの小都市。
 美作・作州の国で、出雲街道と岡山県三大河川の一つ吉井川が流れる城下町です。
 津山城は、江戸時代には森家18万5千石(だったかな)が居城としましたが、五代将軍綱吉のときに、江戸の練馬に犬小屋を造る仕事を割り当てられ疲弊。跡継ぎ問題などで移封され、その後、松平が入りました。(森家の家臣には、赤穂藩に仕え、後に吉良上野介を討つ赤穂浪士に加わった者もいたとか。)
 
 それはともかく、郷里津山の広報誌「広報つやま」11月号に、私の恐竜骨格模型制作の話が掲載されました。
 「未来をひっぱる津山人」という連載のなかの一つです。
e0064457_19243060.jpg

 『ん?おいらが津山を引っ張る?未来人?』という感じもしますが、選んで頂き光栄です。
そのうち津山市のホームページ内でPDFでダウンロードできると思いますので、笑ってやりたい人は見てやってください。(11月11日時点未掲載)

 皆様にご支援頂きましたおかげで、息子は順調に回復致しております。皆様の温かい祈りが届いたものと思います。本当にありがたいです。
 今日は久々にシャワーを浴びることが出来たようです。
[PR]
by carnotaurin | 2009-11-11 19:13 | My Life
 皆様の温かいお心遣いのおかげで、息子の体調も徐々に回復しつつあります。本当にありがとうございます。
 病院では、ご老人と同室の4人部屋から、だれもいない4人部屋に移り、夜もよく眠れるそうです。
 また、車いすで介助付きだったトイレにも、独りで歩いて行けるようになってきたようです。
 加えて、食事もゼリーにおさらばして普通食に。 
 普通に食べて普通に動くことが出来るありがたさを、本人も実感していることでしょう。

 彼が受験する気になっていた大学の受験日は、今週末。
 一昨日、新型インフルエンザに伴う受験の「特別措置」について案内が来ていました。これは、この時期、新型インフルエンザの流行により当日の受験が不可能な者に対して、月末の28日に特別に受験日を設けて機会を与えるというもの。
 そこで、息子は新型インフルエンザではありませんが、何らかの措置が得られないかと、まず申請書に作文して記入。そして昨日、大学入試部に電話で問い合わせました。
 丁寧に対応してくださいました。 
 電話を受けた担当者は、部内での話し合いをして、折り返し返答を下さいました。
 結果は、「今回の特別措置は、新型インフルエンザに対するものなので、事情は重々承知致しておりますが…云々」
 まぁ、仕方ないでしょう…。怪我だの事故だの、言い出せばキリがないですから。
 で、受験料(3万円)は、手続きすれば返納されるのか?について、ついでに尋ねたら、受験票を発行しているので不可能とのこと。そんなもんか…。

 ということで、彼に今年残された受験のチャンスは、日曜日に這ってでも試験会場に行くことしかありません(笑)。

 長い人生、今このひとときを逃してしまうことも仕方あるまい、と思います。
 若いときの1年と、年をとっての1年では重みも違うと思いますが、この一年をどう生きるかによるでしょう。
 これから、改めて自分の生き方について考えてほしいです。

 でも、元気になったら苦しみも忘れて、ふわふわするのかなぁ…
[PR]
by carnotaurin | 2009-11-11 06:00 | My Life
 三重県伊賀市の上野歴史民俗資料館で、谷本先生・小西先生にご指導頂いた貝塚産モササウルスの展示をさせていただいています。
e0064457_12285943.jpg

e0064457_1230749.jpg

 昨日はクイズ大会なんかもあったので行きたかったのですが、こういう状態なので残念でした。

 それで、ちょっとどんな感じかな?と思って検索をかけてみましたら、この展示会のことを某新聞が記事にしていました
 
しかし、ざ~んねん!! 誤りがあるのです。
 社の方に指摘しましたが、返答は無し。まぁいいか。

 さぁ、どこが誤りか、指摘してみてください。
 ってすぐにおわかりですね。
[PR]
by carnotaurin | 2009-11-08 12:30 | 恐竜
 担当医が午後はいないということなので、昼前に病院に行きました。
 立冬の今日も、気持ちよく晴れた穏やかな青空でした。

 病室に入ると、まぶしい冬の日が差し込み、開けた窓から入る風が浅黄色のカーテンを揺らしていました。
 窓の外は、高槻市の開発区域。駅の北東部にあたり、大工事中で、重機の音がにぎやかでした。

 息子は左に眼帯をして、うとうととまどろんでいました。
 瞳孔の調整ができず、眼球の運動も鈍いので、かなりまぶしいようです。
 点滴が腕の中に漏れたあとも、ふくやかに見える程度で、ほとんど目立たなくなっていました。
 今は右手です。
 ほどなく若い女性の医師が現れ、ひととおりの説明を聞きました。

 続いて主治医がおいでになり、また話を聞きました。
 今までの経過から、「ピークは越えたのではないか」との見方を示されました。
 う~ん、病状のピーク…ピントこないですね。
 病状はマイナス要因ですから、「ボトム(底)まで行った、これより悪化することは無い」、といった方が本当ではないか、などと妙なことを思いながらも、少し安心しました。

 呼吸器系の異常もなく、筋力の低下、ふらつき、めまい、眼球運動の低下、瞳孔の反応低下といった症状も、少しずつ回復に向かうのではないかと思います。

 昼飯の時間、前と違ってゼリーのオンパレードが並びました。
 息子が食べられないものを試食。一つは…ぶり大根をミキサーにかけてペーストにしてゼリーにしたものといった味。もう一つは、そうめんのつゆをゼリーにした感じ。う~ん……確かに、イマイチでした。
「マグロの刺身の方がいいんじゃないか!いや、焼き肉かな。」と言った私のことばに微笑み、母親に「今度焼き肉弁当を持ってきて」などと言ってたようです。久々に笑顔を見ました。


先ほど、実家から電話がありました。母は涙声。
母には、昔、長女(私の姉=心臓の手術後風邪を引いて6歳で他界)を亡くした思いがよぎっているのでしょう。

一方、父親は、仏壇で彼の母親(つまり私の祖母)の遺影(似顔絵)に手を合わせて、息子の回復を祈っていたそうです。母も「今までそんな姿は見たこともなかった」と言っていましたし、私も想像したこともありませんでした。ありがたいことです。
父は自分の母親を3歳のときに労咳で亡くしています。彼の父親(私の祖父)は養子で、その後、家を出て、九州で再婚していますから、私は祖父には一度しか会ったことがありません。父は以来、ずっと働きずくめです。不平不満を言わず、ただひたすら四六時中働く父。ありがたいことです。

若くして他界した母親(祖母)の写真は無く、弟(私の叔父)の描いた絵があるだけです。その絵が、父が祈っているときに「ちらっと笑った」と言ってました。そんな話をする父も初めて知りました。

 そんな思いを受けて、息子は快方にあるのでしょう。
ありがたいことです。
 今、妻は病院で付き添っています。
 晩飯は私が作りました。

 明日がガンマグロブリン投与の五日目です。
 
[PR]
by carnotaurin | 2009-11-07 20:36 | My Life