ブログトップ

タブリンの窓

carnotabur.exblog.jp

タブリンの木製恐竜骨格模型 制作記録 & 戯れ言 http://taburin.jimdo.com/ taburinあっとkfx.biglobe.ne.jp

<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

e0064457_1546456.jpg
 昨年12月末に始めたSmilodon populator
 4月は全くと言っていいほど出来なかったので、約3ヶ月で全身骨格を完成。

 初めての哺乳類全身だったので、少し勉強が必要でした。ネットでチェックした画像も960枚。プリントアウトしたものも100枚以上。参考論文が7本、自分で描いた図面もかなりの数です。

 取りあえず姿勢はおとなしくしておきます。
 また展示の機会がくるまでは。
 応援ありがとうございました。
e0064457_15462081.jpg

[PR]
by carnotaurin | 2010-05-04 15:46 | 恐竜
後肢の指骨phalanges, しっぽの骨caudal vertebraeも取り付け終わって、
あとは最終調整のみ。

 自立させる上で困ったのが、肩胛骨をどう胴体に取り付けるか…。
 基本的に前肢は胴体と関節していません。肩胛骨は胸部にはり付いているだけなんですね。
 それをどうするか…
 取りあえず、肩胛骨と脊椎に銅線を通して自由度を保つようにしてあります。
自由度が高いと言うことは、ポーズの変更がしやすいのですが、その分安定性に欠けます。
 生き物じゃないってことは大変です。
 私たちが何気なくとる日常のポーズ、姿勢も、頭のてっぺんから足先までの完璧な調和によって成り立っています。ですから、このような模型をそれらしい姿勢にさせるということは、かなり至難の技であることを改めて思います。
 指先なんか小さいものですから、ポーズを決めたときに、それらをきちんとした位置に調整することは大変です。力を入れ違うと骨折の危険さえあります。

 さて、あとはヒトにもある前肢の豆状骨(図A)os pisiforme、小さく退化した鎖骨clavicle、舌骨hyoid boneなどを作って取り付けていきます。
e0064457_2336068.jpg
e0064457_2336126.jpg
e0064457_2336275.jpg

図A
e0064457_23365033.jpg

[PR]
by carnotaurin | 2010-05-03 23:37 | 恐竜
制作はほぼ一ヶ月ぶりとなってしまいました。

 今日は前肢のphalanges=指骨。手根骨はまだ整形不足ですが、爪を引っ込めるネコ科の指先がなんとか表現できました。
 あとは整形を重ね、後肢の指骨と膝の皿、そしてしっぽです。
 連休中に完成させたいです。
e0064457_2393710.jpg
e0064457_2394512.jpg
e0064457_2395251.jpg

 そういえば、昨夜のNHK BS2。例の番組が放送されました。でも、私はまだ見てません。
 もとよりBSは受信してないので見ることはできないんですが、その時間には放送のことも忘れて、民放の映画番組「旭川動物園…」とかいうのを見入っていました。この園長さんの講演会には行ったことがあるのですが、西田敏行さんとかの演技や動物たちが面白くて見入っていました。
 そして、番組の終わり頃に、昔の知人から突然の電話。
「出てましたよ!!びっくりしました!」
って。
「そうでした、そうでした、今夜でした!」
と改めて思った次第。
 そのうち友だちがDVDを送ってくれるでしょう。

 ご覧になられた皆様、忌憚のないご意見ご感想をお寄せ下さい。
(私はNHKの配下ではありません)
[PR]
by carnotaurin | 2010-05-01 23:09 | 恐竜