ブログトップ

タブリンの窓

carnotabur.exblog.jp

タブリンの木製恐竜骨格模型 制作記録 & 戯れ言 http://taburin.jimdo.com/ taburinあっとkfx.biglobe.ne.jp

<   2010年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 昨日11日土曜日、三重県伊賀市の「上野歴史民俗資料館」で恒例の化石展に、拙作スミロドン全身骨格模型を展示させて頂きに参りました。お世話になっている谷本先生はじめ関係者皆様のご厚意で、今年も参加させて頂けました。
 谷本先生のご自宅には、数々の化石やレプリカが秘蔵されており、今回は、スミロドンに合わせて、マカイロドゥス、ホラアナライオン、アムールタイガーに加え、大型ハイエナのディノクロクタの頭骨レプリカもお持ちになり、ショーウインドウに並び、壮観でした。(その中で私の小さなスミロドンは、全身とはいえ、ちょっと迫力に欠けました!)
e0064457_18301286.jpg
e0064457_18302474.jpg
e0064457_18303342.jpg

 今回の企画展は、12月19日までです。

 申し訳ない話ですが、その他の展示の手伝いもまともにできないまま、たくさんの資料写真を撮らせて頂いただけで、私はいったん大阪に帰宅。
 その後、岡山県津山市の実家に戻り、先週に続き、稲刈りの手伝い第2弾。
 途中、籾摺り機械の部品が破損し、農機具展に走り、何とか中古部品を入手して、作業も再開。
 周囲の田は、まだ始まっていないところも多いのですが、今日日曜日午後、無事全作業を終えて、大阪に戻ってきました。親父の労働力には本当に脱帽です。親父のアシスタントの母親も、まだまだ頑張っていますが、最近、私たちが帰るときには涙するんです。
e0064457_18324254.jpg

 
[PR]
by carnotaurin | 2010-09-12 18:32 | 恐竜
 暑い一日でした。
 9時頃には手伝いを始めることが出来ました、
がじっとしていても、汗かきの私は、炎天下であせびっしょり。
 午前中の作業で、コンバインがオーバーヒートのサイン。

 午後3時頃から再開。 本日の予定の田んぼを終えました。

 画像は父と、私の末娘。
 一昔前に比べたら、機械の導入で格段に労働は減ったけど、
このコンバインも既に旧式。 しかし、このコンバインよりも、親父の労働力たるや、私は足下にも及びません。もう75歳になりますが、体力、気力、全く衰えを知りません。だらけることがない、息抜きを知らない、生粋の労働者です。
e0064457_22353999.jpg


朝6:30に出て、帰りに渋滞があったので、家に着いたのは夜10:00になってしまいました。
目が疲れました。
[PR]
by carnotaurin | 2010-09-05 22:36 | My Life
 アーケロンの腹部には、四つの星形の骨板があります。そして、前にはT字形、後ろにはコの字形の骨があります。
 星形は、木目の向きの関係もあり、細い部分は極めて作業が困難です。今回はトチノキでも白身を使っているので、弱いのです。薄さも光が透過するくらいで、三カ所ほど折ってしまい修復しました。(大袈裟な。いえ、ボンドでくっつけるだけです)

前後の部分はこのあと切り離し、別に作ったものを取り付けます。
あとは、しっぽや手足、肩や腰の部分を作って取り付ければ完成です。
e0064457_22423774.jpg



明日日曜日は、実家の稲刈りが始まったので、手伝いに帰ります。
しかし、とんでもなく暑い。
昔は稲刈りはもっと涼しい頃だったのに。
親は一生懸命米を作っています。わたしも、それを頂くだけではいけません。
毎年老いていく親。あの過酷な労働、稲刈りは短期とはいえ、心配です。
[PR]
by carnotaurin | 2010-09-04 22:42 | 恐竜