ブログトップ

タブリンの窓

carnotabur.exblog.jp

タブリンの木製恐竜骨格模型 制作記録 & 戯れ言 http://taburin.jimdo.com/ taburinあっとkfx.biglobe.ne.jp

<   2010年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 子どもの行事で、北摂の山間にある陶芸の工房へ行ってきました。
 陶芸と昼食を一緒にという行事。
 実は私、何度も轆轤を曳く場には立ち会ったことはあるのですが、やるのは初めて。
 優しい先生に勧められるままに初めての体験をしました。土の感覚は何とも心地よい。尤も、粘土の質、粒子、水の加減などは予めセットされていたので、それらは気にすることなく、形をとるだけ。
 それでも初めてなので緊張もしました。肩にも力が入って、指とてのひら全体の感覚を得るのに時間がかかりました。何とか先生のおかげで器の形にはなりました。あとは乾かして焼いて頂くだけです。

 さて、帰ってから、3時間ほどで下の画像にある頭の粗彫りをしました。我ながらかなりのスピード。
長さは11㎝ほど。新作、とはいっても、過去に何度も手がけた頭なので、要領は得たもの。今回は全身骨格で挑みます。
e0064457_220494.jpg

 カメ=アーケロンの四肢が残っているのですが、これは慎重さを要するために、今の心理状態や体調ではできないのです。しっかり時間がとれたら、と思います。

 ついでに、ゼノスミルスの台らしきものを用意したのでアップ。

e0064457_21593187.jpg
e0064457_21593929.jpg

[PR]
by carnotaurin | 2010-10-31 22:00 | 恐竜
 かつて、ブラキオサウルス全身骨格を制作する際にお世話になった早稲田大学の平山廉教授が講師となっている高校生のための「超」教養講座 「最新 恐竜学~恐竜研究の最前線を見てみよう」。

 この中の第3章1「巨大恐竜の生態を考える」に、そのブラキオサウルスが参考例として紹介されています。
内容は、首の長い竜脚類が、その首をどのように使ったかという例の話題です。

 大変、光栄なことです。

 ブラキオサウルスについては、ブラキオサウルス・ブランカイはジ(ギ)ラファティタン・ブランカイであったとか、なんやかんやと騒がれております。

平山先生は、東京芸術大学学長もおつとめになった、日本画壇の最高峰、故平山郁夫画伯のご子息です。
[PR]
by carnotaurin | 2010-10-28 20:20 | 恐竜
やっとこさ歯を入れ終わって、全体の調整を終わって、鼻甲介を彫り、ゼノスミルス頭骨ができあがりました。

 哺乳類について、といってもネコ科だけですが、理解が深まったように思います。

 
e0064457_14545290.jpg
e0064457_1455194.jpg
e0064457_1455910.jpg


 さて、アーケロンは四肢のうち、左前肢しか終わってません。再び取りかかります。
[PR]
by carnotaurin | 2010-10-24 14:55 | 恐竜
ゼノスミルスの上顎歯を入れました。
 一方、下顎の歯を整形しているときに、歯の穴の数を間違えるという初歩的な失敗をしたので、下顎を作り直しました。大きな角材からのこぎりで直方体のブロックを切り出し、サイズを合わせて書き込み、あの手この手で形をくり抜きだして、削って削って… はいできあがり。上顎にもぴったり!
 次回の休みには、下顎の歯を入れます。
e0064457_18494183.jpg

e0064457_18495749.jpg
 
e0064457_1850685.jpg

[PR]
by carnotaurin | 2010-10-17 18:50 | 恐竜
e0064457_2251488.jpg
細かいところも進めています。
e0064457_22241987.jpg


e0064457_22362325.jpg
 歯は、これからですが、厚めの象牙の在庫が少なくなりました。
 そう、私がゾウElephant、長鼻類を手がけていないのは、その骨格において最もシンボリックな「牙」の復元が困難だからです。
 アナンクスAnancusのような牙ならなんとかなりそうですが、マンモスのように大きくうねった牙は、手持ちの象牙では再現できません。
 今まで象牙で恐竜や哺乳類の牙・歯を作ってきたのに、象牙を象牙で再現できないというのが、いやはや何とも…
[PR]
by carnotaurin | 2010-10-11 22:24 | 恐竜
e0064457_20451322.jpg
e0064457_20452268.jpg
e0064457_204530100.jpg

A Xenosmilus skull with huge canines and mandible(lower jaw).
The fangs are made of ivory as usual.

 今日、久々に時間がとれたので、下顎と犬歯二本に着手しました。
頭骨もまだまだ形をとるだけの段階です。
取りあえず、こうやってポイントとなる巨大な歯を入れると、
イメージがアップします。
歯は、象牙の最先端部分を1㎝厚にカットした部分を整形しています。
顎から出ている部分で約55ミリあります。(在庫の都合上、最大75ミリでしたので)

このゼノスミルスの歯は、スミロドンよりも短いのですが、しっかりと厚みがあります。また、前歯は、スミロドンではほぼ真横に並んでいますが、ゼノスミルスでは馬蹄形になっています。
[PR]
by carnotaurin | 2010-10-10 20:45 | 恐竜
Making a skull of Xenosmilus hodsonae. The length is 16 cm.
e0064457_23315661.jpg

[PR]
by carnotaurin | 2010-10-02 23:32 | 恐竜