ブログトップ

タブリンの窓

carnotabur.exblog.jp

タブリンの木製恐竜骨格模型 制作記録 & 戯れ言 http://taburin.jimdo.com/ taburinあっとkfx.biglobe.ne.jp

<   2012年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 休み。ラッキーと久々の散歩。
e0064457_0175133.jpg
e0064457_01759100.jpg
e0064457_01888.jpg

 雨雲が次々と流れこみ、時雨れることがありましたが、
それでも春の光線が雲の隙間から差し込んで、気持ちの良い日です。

 目指すは裏山。標高は200mにも満たないのですが、帯仕山と三好山の二つのピークがあります。帯仕山には小さな古墳があり、三好山はその名が示すとおり、戦国武将三好長慶の居城があった山城跡です。
 「ラッキー、さんぽ行くか?」
の声に大はしゃぎ!
 喜び勇んで出掛けました。
 山道に入ってからは、綱も解きました。
 それでも、前になり後ろになり、離れない距離でしばしの自由を楽しんでいました。
 山頂に近づくと、土橋、狭間や石垣がそこここに見られました。なかなかの山城です。山頂は市によって切り開かれ、展望も良いところでした。
 北と西は急な崖で、その下は芥川。城としては絶好の場所だったのでしょう。南方向には、吹田や大阪市街が望めます。
 しばし眺望を楽しんだ後、もと来た道を戻るのは主義に反します。それで、クマザサ深いけものみちに。
 そこここにイノシシが土を掘り返したあとがあります。
 ラッキーを後ろに、少しずつくねくねと下っていきました。どれほどか下ったところで、芥川に出ました。いつもは対岸を歩いているのですが、なかなか濡れずに渡れそうなところも見つからず、意を決して、大きくなったラッキーを抱きかかえ、ざぶざぶと川渡り。さすがに春。水は少し温んでいたように感じました。でも、渡りきったとたんに土砂降り。
 一般道を一人と一匹は歩いて帰ったのでした。
[PR]
by carnotaurin | 2012-03-25 00:18 | My Life

 福岡・大牟田でのやるべきことが予定より早く終わったので、昨夜戻って参りました。

 金曜日、仕事のお休みをいただいて、朝から出発。
 駅で往復乗車券と行きの新幹線新大牟田までの切符を買い、京都線で新大阪、新大阪から博多乗り換えで新大牟田に。現地は雨。
 新大牟田は開通からまだ一年。昔の新横浜駅のように、駅周辺には更地ばかりが目立ち、これといった施設は何もなし。大牟田駅までは車で15~20分かかるくらいですが、バスの接続も悪く、タクシーで。駅近くのレンタカーも、ネットでは2社が見つかったのみ。マツダのレンタカーを借りて、いざ。

 入院中の伯母の血色も良く、今回は話もしっかりできました。昨年クリスマスイブに緊急入院してから3ヶ月になろうとしていますが、酸素吸入器は離すことができず、足腰も衰えています。今回は別のリハビリテーション系の病院に移る手続きをしてきました。またその後の介護施設への入所手続きも。

 わらじ家というビジネスホテル(素泊まり二泊1万円足らず)に泊まりましたが、十分でした。
 そして土曜の午後3時にはすべて終わったので、伯母としっかり話して、励まして、宿を引き払い、レンタカーを返して、タクシーで新大牟田駅に向かい、新幹線に乗ったのは午後4時過ぎ。自宅には8時半頃に戻ることができました。今回のレンタカー作戦は良い選択であったと思います。

 何はともあれ、伯母の調子が良かったのには安心しました。病院の医師、看護士さんや身の回りの世話をしてくださる方々、社会福祉士の方々、介護施設の方々、アパートのご近所の方々、みなさん親切で、ありがたく思いました。

 明日からまた怒濤の年度末年度初めに。


 画像は、帰りの九州新幹線つばめの車内。ほぼ?私
e0064457_19593153.jpg
の専用車両でした。
[PR]
by carnotaurin | 2012-03-18 19:57 | My Life
 先日、病院から電話があって、伯母のその後が伝わってきました。
 回復はさすがに高齢のために芳しいものではないyとうですが、自分で起きあがることはできるようです。でも、酸素マスクなしでは苦しいらしい。

 長期入院できる病院ではないので、そろそろ介護施設か大きい病院への移送が必要になるらしい。加えて、身の回り品の費用とかもかさんできているとのこと。それは精算しないと申し訳ない。
 病院のソシアルワーカーと話して、来週末には再び大牟田に行くことにしました。
 おそらく、アパートの電気も止まっているでしょう。大家への支払いはどうなっているのかなぁ。家の方も、このままだと撤収しなくてはならないでしょう。荷物は、必要な物は私の実家で引き取れますが、おおかたは処分になるでしょう…。介護施設の方も見つかるでしょうか。

 伯母には、「また来るよ!」と言ってあるので、行けば喜んでもらえるでしょう。看護士さんによると、「心配かけるから連絡しないで」と言われているらしいが。
 しかし、唯一の身内だよ。
 
 今度は、独りで行くことになるかな。母も連れて行くべきだろうが、フットワークが鈍る。どうしよう。

 今週半ばには仕事も一区切りつくので、金曜日には出たいと思っています。
 新幹線は速いのですが、向こうに行ってレンタカーを借りることを思えば、のんびり車で行った方がいいかな、と。
 長い運転は、お尻が痛くなるんですよね。
[PR]
by carnotaurin | 2012-03-11 21:14 | My Life